LEE ビーフカレー辛さ20倍

 

ピリ辛でした。

 

 

LEEは、江崎グリコが製造・販売するレトルトカレー商品。 1986年に発売された辛口派のための欧風ビーフカレーであり、発売以来「辛くて旨いカレー」を追求し続けていて、現在は激辛カレーの代表格として知られています。コンビニで手頃に買える激辛カレーなので、夜中に急に辛いものが食べたくなった時に重宝するんですよ。

毎年夏限定で通常よりも辛い「辛さ30倍」が発売されるのですが、もう売っているかなぁと本日探すも20倍しか無かったので今日は予習をかねて20倍をじっくり味わいたいと思いました(写真1)。ちなみに余談ですが過去にはイオン限定で「辛さ40倍」や懸賞の商品として「辛さ50倍」という辛さもあったみたいです。ただ、ハバネロやブートジョロキアといった凶悪な唐辛子を使用したLEEも過去にあったのでそっちのほうが辛いような辛くないような…

そんなわけで早速調理開始…するもLEEはレトルトパウチの商品なので湯煎で温めるだけで完成してしまいます。なので本日は白米を今食べていないわたしは一工夫として、米の代わりに鶏胸ひき肉をさらっと炒めました(写真2)。フライパンにオリーブオイルをさらっとしいて鶏胸ひき肉を炒め塩コショウをささっとしたら完成。通常のひき肉より油分が少なくカレーが良く馴染みます。

炒め終わったひき肉にLEEビーフカレーをかけて完成(写真3)。通常の辛口カレーよりは辛いけど、全然カレーの味が感じられて最後前美味しくいただけます。LEEのカレーって20倍に限らずシンプルないかにもカレー!ってな味でいいですよね。

鶏胸のもしゃもしゃした食感がばっちり相性が良くとても食べごたえがあります。コストはかかるけどわたしは白米でカレーを食べるよりこっちのが好きなんですよね。お酒のつまみにもなるし笑。ただ、鶏胸以外のひき肉だと結構油っこくなってしまうので注意。

そんなこんなであっという間に完食(写真4)。梅雨の時期なので外を出歩くのはめんどくさいなー、でも激辛を食べたいよなぁって時に重宝するLEEの辛さ20倍は辛いものが苦手な人やお子様にはきついかも知れないですが、そこそこ辛いものを食べている大人の方なら難なく攻略できるでしょう。ちょうどいい塩梅で美味しかったです。30倍を見かけたらまたレビューしますね。

 

LEE ビーフカレー辛さ20倍

激辛度:☆×3.5

ペヤング獄激辛やきそばを☆×10として)

 

・辛さの指標
~☆ ノン辛、またはピリ辛
☆☆☆ 程よく辛い。味と辛味を同時に楽しめるくらいの辛さ。辛味が得意ではない人やお子様はここまでのほうが良さげ
☆☆☆☆☆ 辛味の他に痛みを感じてくる辛さ。セブンイレブンで売っている蒙古タンメン中本「北極」くらい。一般的な大人の人におすすめできるのはここまで
☆☆☆☆☆☆☆ 激しく痛みがあるくらいの辛さ。食べていて震えが出て汗が吹き出します。アフター(トイレ)のダメージもきついレベル。この辺から味はよくわからん
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆~ 体は震え、汗は吹き出し、食べた後も口の中が火事になっているレベル。食後は氷で冷やさないと痛くて耐えきれないので常食はやめたほうがいいです

 

LEE ビーフカレー辛さ20倍公式サイト

https://www.glico.com/jp/product/food_curry/lee/32601/

 

当サイトの他の辛い記事

https://ozfare.com/category/%e8%be%9b%e3%81%84%e3%81%ae/

LEE ビーフカレー辛さ20倍” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。