剣神ドラゴンクエスト

本日はちょっと変わったレトロゲームをご紹介。ブックオフにふらっといったら売っていたのがタイトルにもある、

 

 

剣神ドラゴンクエスト。正式名称剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣は、2003年9月19日にスクウェア・エニックスから発売された、ドラゴンクエストシリーズの体感ゲームマシン。合併後のスクウェア・エニックスとして発売された最初のドラゴンクエストシリーズ作品だったりします。プレステ等のゲーム機用ゲームではなくてこれ単体で遊ぶことが出来るのです。

 

 

 

箱を開けるとこんな感じ。盾の方がゲーム機兼センサーとなっていて、テレビに繋ぎ盾をテレビの上に置き、その前で剣を振って遊ぶんですよ。

 

 

 

プレステ2で発売されたドラゴンクエスト8が2004年発売なのでドラクエ7と8の間の作品ですが、見た感じはドラクエ6…スーパーファミコンのようなグラフィックに思えます。

それでこのゲームの内容が面白いのですが、ドラクエ1…つまり初代ドラゴンクエストのリメイクストーリーなのです。アレフガルドを舞台にリアルに剣を振って冒険していくので、子どもも楽しめるけど大きなお友だちもきっと楽しめるでしょう笑

このゲーム、とある界隈で若干盛り上がっていたのでちょっと欲しいなぁって思っていたのですが、あんまり売っているのを見かけないんですよね。で、めでたく手に入れることができたのだけれども、どんな界隈でこの剣神ドラゴンクエストを見かけたのかと言うと…

 

 

RTA界隈でちょこっと盛り上がっていたりします笑。RTAとはリアルタイムアタック(Real Time Attack)の略で、ゲームのプレイスタイルの一種で、ゲームスタートからクリアまでの実時間(時計で計測した現実の所要時間)の短さを競うのですが、通常のゲームと違ってこの剣神ドラゴンクエストは体感ゲームなので、上記のように剣を振っている様まで映像として残っているんですよね。

で、そういうのを見ていると自分もやってみたいなぁって思っちゃうんですよね笑、実際そこまでハマってプレイするかと言われたらそんな遊ばなそうだけど、どちらかというと一人で黙々と遊ぶんじゃなくて近所のかずくんあたりとお酒を飲みながら遊んだら面白いんじゃないかと思って購入した次第です。つまりパーティ用ゲームですな笑

 

そんなわけでドラゴンクエストシリーズでもこんな珍しいゲームがあるんですよってご紹介記事でした。この剣神ドラゴンクエストの3年後に任天堂Wii用ソフト「ドラゴンクエストソード」が発売されていてこっちはWiiリモコンで同じように遊ぶゲームで有名なのですが、その前身にあたる剣聖ドラゴンクエストはソフト単体で気軽に遊べるゲームなので、ドラクエが好きな方は是非お試し下さい笑

 

スクウェア・エニックス公式サイト
剣神ドラゴンクエスト紹介ページ

http://www.dragonquest.jp/25th/history/18/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。