バンドリ!ランカーをやってみる

バンドリ!(BanG Dream!)とは、「月刊ブシロード」という雑誌で連載された同名の漫画作品およびイラスト連載をもとにしたメディアミックスプロジェクト。メディアミックスプロジェクトとはアニメ、ゲーム、コミック、声優によるリアルライブなど様々なジャンルで展開することを指し、そのプロジェクトの一環として「Poppin’Party(ポッピンパーティー)」や「Roselia(ロゼリア)」、「RAISE A SUILEN(レイズ ア スイレン)」などが声優ユニットバンドとして活動している。いわゆるアニメの「中の人」がリアルでライブ演奏をするのですが、その演奏も演出も実に見事なモノなのです。

25人5バンド+αの女子高生たちの日常を描くストーリーは一時代を築いた伝説の女子高生バンドアニメ「けいおん」と度々比較されるが、題材は似ているけどストーリーがシリアスなのはバンドリ!の方かなぁと思います。どちらも面白いですよ。ちなみに「ガルパ」と言われることもありますが当記事はすべて「バンドリ!」で統一しています。正式名称が「ばんどりーむ!がーるずあんどぱーてぃ」ですからどちらでもいいんですけどね。スマホに来る通知はガルパ名義でやってきますし。

なんで略称が「バンドリ!」と「ガルパ」の2つあるかと言うと、バンドリ!の男性版である「アルゴナビスfromバンドリ!」というプロジェクトが始動してるからですね。男性版もどんどん売れだしたらガルパの略称がメインになるんでしょうか。とりあえず今のところはバンドリ!と言えば女子高生バンドのお話を指すことが多いと思います。

そんなバンドリ!のソーシャルアプリゲームは2017年の3月16日に正式版がリリースされ2019年11月現在ではユーザー数が1000万人突破と巨大コンテンツとなっている。ゲームアプリに詳しくない方にどんなゲームかと説明すると、カラオケで手拍子したりタンバリンを叩いたりマスカラを振ったりするじゃないですか。そんな感じのゲームです笑。リズムゲーム(音ゲー)によくありがちな感じにライフがついていて手拍子をするタイミングを間違うとライフが減っていき0になればゲームオーバーになります。ソーシャルアプリとは平たく言うと色んな人とみんなで楽しめるゲームのことで、iPhoneやAndroidのアプリで「基本無料+ゲーム内課金あり」と書かれているゲームはこのタイプのものが多いです。

そのシンプルなリズムを刻むゲームシステムによって初めてプレイする方でもすぐコツと要領を掴むことができ、なおかつ誰でも楽しめるのがバンドリ!のいいところ。キャラを増やす…バンドリ!はキャラが今の所25人固定なので衣装替えやリズムゲームの肝となる「スキル」違いのキャラを増やすためにソーシャルゲームでは一般的な「ガチャ」をまわすためのスターも頻繁にもらうことができる(後述)し、よくあるスタミナシステムはあるんだけどバンドリ!はスタミナが切れるとゲームができないということがない(これも後述)のがユーザーに優しいポイントですね。

キャラにこだわらないで遊ぶだけなら普通にストーリーも最後まで楽しめます(随時追加されています)。その人にあったプレイスタイルを選べるゲームってなかなか貴重ですし、単純にリズムゲームとしても楽しいのでわたしもサービス開始当初から遊ばせていただいてます。今回の記事はそんなバンドリ!ゲームアプリのお話。

 

 

・11月20日(水)オープニング

ソーシャルアプリの特徴としてよく他媒体とのコラボレーションをすることがあります。理由は色々あると思いますが主にコンテンツに新鮮さを取り入れるため、コラボ先は宣伝の為だったりします。メジャーなコラボとして例をあげると国内最王手のソーシャルアプリゲーム「モンスターストライク」は年に一回ドラえもんとコラボしますが、春に上映されるドラえもんの映画宣伝を兼ねてます。モンスト側は収益を得やすくドラえもん側は宣伝となる、コラボは結構両者Win-Winな感じですね。

バンドリ!も度々コラボイベントを行うことがありまして、本日からリゼロ(Re:ゼロから始まる異世界生活)とのコラボが始まりました。リゼロとは小説家になろうという小説を投稿できるサイトで連載された異世界転生ものの長編ライトノベル作品で、アニメ化もされている若者に人気の作品です。今回のコラボは今供給されている映画の宣伝を兼ねてでしょう。コラボの内容はリゼロで使われている楽曲のリズムゲームができるのと、リゼロの女性キャラが着ている衣装をロゼリアのメンバーが着ているという内容。5人中3人はガチャで手に入れることができ、2人はイベント「ゼロに咲く花」に参加すれば貰えるといったもの。ゲームをプレイしていけば誰でも手に入れることができる難易度となっています。

ガチャとは、もともとよくお店の前に設置されていた百円を入れてぐるっとハンドルを回す自動販売機の事を指していて、ハンドルを回す際にガチャガチャと音が鳴るのでガチャと呼ばれていました。ガチャの中身はカプセルに入っていて何が当たるかは回してみてからのお楽しみ。そんな自動販売機のガチャに肖った形で、多くのソーシャルアプリゲームでは1回数百円程度の抽選によって、ゲーム内で用いるキャラやアイテムを購入する仕組みを導入しています。ガチャは通常プレイでは手に入りにくい、ゲームを有利に展開することができるキャラやアイテムが手に入るのがウリですが、いいものほど当たりにくいというソーシャルアプリ共通の特徴があります。

わたしも折角のリゼロコラボという事で、貯めていたスターを使ってガチャをまわすも、お望みのキャラは3体中1体しか出ず。バンドリ!の最大課金要素はこのガチャなのでキャラが欲しい場合はこういう時に課金すればいいのですが、バンドリってそのガチャをまわすためのスターを貰える機会が本当に多いのです。ざっと挙げると、

 

・ログインボーナス、キャンペーンボーナス
・メインストーリーを見た時
・各バンドのストーリーを見た時
・イベントのストーリーを見た時
・各キャラを成長させると見れるサイドストーリー(エピソード、メモリアルエピソードの開放)を見た時
・リズムゲームでいいスコアを出した時(スコアに応じてランクがついて、SとSSなら一曲に付き一度スターが貰える)
リズムゲームのHard以上をフルコンボでクリアした時
・その他、記念日やキャラの誕生日などで不定期に配られる

 

メインストーリーはゲームをプレイすれば上がるプレイヤーランクによって、各バンドのストーリーは各バンドのレベルが上がるごとに開放されていきます。それに伴いガチャやゲームをプレイして手に入ったキャラを鍛えていくとそのキャラのエピソード、メモリアルエピソードの開放という形でそれ用のアイテムを消費してサイドストーリーが見れるのです。つまり、普通に楽しんでいるだけでどんどんガチャを回すためのスターが手に入ります。

わたしは各キャラを成長させてエピソードを見ると貰えるスターをほとんど触っていなかったのでまずはそこを見ていきました。一人(一枚)につきスターが75個貰えるので、2500個スターを使用する10連ガチャを回すには34人(34枚)分サイドストーリーを見ればいいのですが、わたしはざっと見て40連分くらい放置してありました。

ちなみにバンドリ!のガチャは10連すれば☆3以上が一人(一枚)は確定するので単発でまわすより10連の方がいいです。ちなみに最高ランクは☆4ですが滅多に出ないし☆3構成のパーティでも十分ゲームを楽しめます。で、さらに20連分のキャラのサイドストーリーを見てのガチャをまわすもお目当てのものを当てることができず…さすがコラボピックアップとはいえ0.501%は厳しい…☆4自体は3%の排出率なのでもうちょっと引くことができますが、バンドリ!のガチャは基本的に☆4の排出率が倍になる「ドリームフェスティバル」にまとめて引いたほうがお得なんですよね、ただコラボ限定は出ないのと、ドリームフェスティバルはいつやるかわからないくらいたまにしかやらないのですが…次は多分お正月かなぁ。(と、思っていたらこのリゼロイベント後の11月30日15時からでした笑)

 

それで、サイドストーリーを見るためのアイテムが尽きたのでそちらの開放はひとまず置いておくことにして、新キャラが諦めきれないので次にリズムゲームのHard以上をフルコンボした時に貰えるスターを狙いに行くことにしました。バンドリ!はプレイヤーの腕に合わせてEasy、Normal、Hard、Expertの4段階と曲によっては更に上の(曲によってはバランスを取った感じの)Specialという難易度が選べて、そのHard以上をフルコンボ、すなわちノーミス(すべてのタップをGREAT以上)でクリアするとスターが50個貰えるのです。11月20日現在でバンドリ!は217曲、イベント中に1曲追加されて218曲あるのでそのHardの楽曲をフルコンボでクリアすれば10900ものスターを手に入れることができます。Expertもフルコンボでクリアできれば更に倍ですが、わたしの腕ではExpertのフルコンボは半分が限界ですね。

そんなわけでスター欲しさに難易度Hardの未フルコンボの曲をフルコンボしていっていたのです。Hardのフルコンボは一見難しそうですが、Expertの曲がクリアできる人なら何回かやっていれば突破できる難易度なので絶対にできないってレベルではないですね。実際半分以上はすでにフルコンボしてましたし。何事も練習練習。ってこのHardの曲をプレイしまくっていた時にふと思ったんですよ。

ー今回のリゼロイベントって、フリーライブまたはどこかの知らない人と最大5人まで一緒にプレイできる協力ライブをすると「チャレンジポイント」が貰えて、そのチャレンジポイントを使用して参加する課題曲のスコアを競う「チャレンジライブ」のイベントで、課題曲は3曲あって純粋にその曲で稼いだスコアでのランキングと、どのライブでも貰える「累計イベントポイント」の多さを競う二本立てのランキング内容でした。

課題曲の方のランキングはともかく、Hardの楽曲をプレイしまくってすごいチャレンジポイントがあったのでそれも適当に消化していたらイベントポイントランキングが1300位とかになっていたんです…あれ、これもしかして結構上の方にいるのかな、ちょっとランカーをやってみようかな、と思ったわけで…なんせバンドリ!はユーザー数1000万以上のゲームですし…

ランカーとは文字通りランキングの上位を目指す人の事です。バンドリ!はユーザー数が多いからかイベントの順位が、1位、2位、3位、TOP10、TOP100、TOP1000、TOP2000、TOP5000、TOP10000、TOP20000、TOP30000、TOP50000、TOP100000までイベントランキング称号が貰えます。万単位の称号はわたしでも何回かとったことがありますが、この状況ってもしかしてTOP1000の称号を狙えるのではないか、と思ってしまいました。

わたしは過去に「拡散性ミリオンアーサー」というゲームでがんばってランカーをしていたことがあったのですが、そのゲームが主要プログラマーの退社と共に3年位でサービス終了してしまい、ものすごい虚無感を味わってからそういうランキング事に参加するのをやめていたんです。過去記事にも出た「予言者育成学園」にもランキングはあったけどシステム上そんなやっきになるもんでもなかったし。

ランカーを狙うということは時間がまずものすごくかかりますし、場合によってはかなりの課金をしなくてはならなくなりますから。でも、バンドリ!のイベントは割と好きなリゼロコラボだし、Hardで貯めたスターでガチャを回さなければもしかして無課金でも結構いいところに行けるのではないか、と思ってしまいまして…

昔、カラオケの全国採点ランキングで「The Salinger」のSMASH IT UPという曲を歌って全国一位の点数を取ったことがあるんですが、それはつまりただ単に誰も歌ってないから1人中1位になっただけだったんですけどね、すごい達成感を感じたんです。これを思いついた時のノリがまさにそんなドン・キホーテ的達成感を思い出させてしまいましてね、

 

39歳にしてランカーを

目指してみました笑

前置きが長くなりましたが、この記事はおっさんが思いつきでソーシャルアプリゲームのイベントランカーになってみてひいひい言う生活をしたという日常記録です。バンドリ!のリゼロコラボイベントは11月20日から11月28日20:59まで。それまで毎日ちょっとずつ付け足して書いた記事なので書き始めた頃は結果をわかっていません。

※この記事は39歳のおっさんが無償で手に入るスターでランカーを目指す社会実験であり、当サイトでは無課金を推奨しているわけではないです。課金はサービス提供元の経営に直結するものですから否定することはありません。

 

 

・11月21日(木)

この日も朝から空いた時間を見つけてはバンドリ!をプレイ。Hardのフルコンボが終わってスターが5000くらいになったので10連ガチャを引いてみるも惨敗。と、同時にランキングを意識しだしたのでスターをガチャで使うことをやめる事にする。

前述の通りバンドリ!はスタミナ制のゲームである。スタミナは10ポイントが上限で1ポイント30分で回復する。スタミナを使うとライブブーストと言ってキャラを成長させるアイテムとプレイヤーランクが上がる経験値の報酬やイベントポイントがものすごく増える。一度にスタミナ1消費で報酬5倍イベントポイント5倍、スタミナ2消費で報酬6倍イベントポイント10倍、スタミナ3消費で報酬7倍イベントポイント15倍なので、報酬狙いの人はライブブースト1でプレイしたほうがいいのだが、イベントポイント狙いの人はライブブースト3でぶん回さなければならない。

スタミナ回復のアイテムもあるのだが、わたしのスタミナ回復アイテムの在庫が30個程度なのでそれが切れたらスタミナはスターで回復しなければならない。スター100でスタミナ10回復なので、イベントをぶん回すにはかなりのスターが必要と考えられる。まぁスター切れになったら課金すればいいんだけど一応挑戦だからできるだけ無課金でいきたいなと思った。ちなみにわたしはアプリに課金するのは反対ではなく、バンドリ!もプレイ初めの頃初心者パックみたいなのを買ったことがあるのだが、それ以降は特に課金する必要もなかったので課金してこなかった。そのくらいバンドリ!は普通にプレイしていればスターが貰えるのである。

強烈なキャラ愛があればお金をガンガンぶちこむのもありだろうけど、わたしはバンドリ!の2つ目のイベントで登場したキャラが欲しくてそれまでプレイしていたデータを捨てて8時間リセマラをし、手に入れた湊友希那のクール☆4でもうキャラは満足してしまったのです。ちなみにその時に手に入れた☆4の友希那は今回のイベントでも使っています。リセマラとはリセットマラソンの事を言って平たく説明するとゲームのチュートリアルで貰えるスターでガチャを回して欲しいキャラが出るまでやり直すことを言います。単純な作業を延々と繰り返すので気が狂いそうになります

 

Hardのフルコンボが終わったので一人用のフリーライブは封印し協力ライブ一本でポイントを稼ぐことに。フリーライブより協力ライブのほうが各ポイントの獲得数が多い(1.3倍くらい違う)からだ。ゲームは楽しくやるものだし作業効率とか言いたかないけど、スターに限りがある以上より多いライブを選ぶしか無い。しかし、現状ランキングがいまいちうまくいっているのかわからないので、ここはこういうランキングに強いあーちゃんに聞いてみることにした。

あーちゃんはまーくんの記事にも登場したドラゴンクエスト10の世界で出会った女性だ(多分女性、会ったことはないので)。女性なはずだがものすごくゲームが上手い、そして凝り性である。女性の車の運転ってすごい慎重な人かすごいワイルドな人か運転しちゃだめだろって人かに分かれると思いますが、あーちゃんは絶対にワイルドなタイプ。免許持っていないらしいけど笑

そんなあーちゃんとまーくんとドラクエ10の世界でチャットをしつつバンドリ!を楽しんでいたらあーちゃんはいつの間にか廃プレイヤーになったから、こういうバンドリ!のランキングには詳しいはずだと思って聞いてみるとバンドリ!は暫くやってなかったのこと。でも、以前と同じならという注意をつけてあーちゃんは色々と教えてくれた。

 

・イベントランキング1000位なら一日3時間のプレイでいける
・でもその3時間はずーっとフルブースト(スタミナ3消費)でプレイしなければならない
・チャレンジライブはポイントを貯めておけるので後半の追い上げが怖いから余裕を持ったほうがいい
・課題曲のスコアランキングの方は☆4の理想編成スキルマックス施設マックスから勝負スタートなのであきらめろ
・リゼロという人気版権とのコラボだからとにかくポイントを貯めておいたほうがいい
・ポイントランキングのTOP100以内はずーっと寝ないでプレイしている人ばっかりだからかなり厳しい

 

と、言うことだった。一日3時間もプレイすればチャレンジイベントなら以前はTOP1000に入れたけど今回はリゼロイベントだからもうちょっとやっておいたほうがいいようだ。ただ、チャレンジライブはチャレンジポイントを貯めておけるので最後まで順位が読めないからここまでやるのってくらいポイントを持っていたほうがいいとのこと。なるほど…

それでいて、課題曲のスコアランキング、今回はリゼロ1期オープニングの「Redo」と2期オープニングの「Paradisus-Paradoxum」と2期エンディングの「Stay Alive」の3曲なのですが、このスコアランキングをやるならまず今回のイベント対象のクールタイプのロゼリア☆4で5人、しかもスキルがスコアアップ系でスキルをマックスにして初めてスタートラインだそうだ。クールタイプのロゼリア☆4の5人の地点で潤沢な資金がなくては無理な話だ。ちなみにわたしはクールタイプロゼリア☆4が2人である。リセマラで獲得した友希那と今回のイベントキャラの燐子だけ。他は☆3である。仮にここで5人揃えたとしてもスキルがスコアアップ系じゃなきゃダメだし、スキルレベルをマックスにするのもこれまた潤沢な資金投入するか膨大な時間ゲームをプレイするしか無い。というわけで即諦めた笑

 

スキルとタイプと施設の話が出たので簡単に説明すると、バンドリのキャラのタイプはパワフル、クール、ピュア、ハッピーの4種類。タイプについては例えるとトランプのスペード、ハート、クローバー、ダイヤみたいな程度の認識でいいです。施設の設備投資で〇〇タイプのパラメーターをy%アップなんて事ができるので揃えたほうがハイスコアを狙えます。

施設は、バンドごとのポスター・フライヤーレベル、キャラクターの楽器レベルや、カフェエリアに置く食べ物レベル、足湯などの施設レベルでキャラの能力値が上がります。ゲームないアイテムを消費して段階的にレベルをあげることが出来ます。ポスター・フライヤー、各楽器、食べ物、施設のマックスレベルは現状6ですが、それをマックスにするのだけでも結構大変ですが、スコアを伸ばすためにはとにかく強化しなければならない。

次にスキルの説明をすると、バンドリ!のキャラスキルは大きく分けて3つに分類されます。

一つは上記でもあげたスコアアップ系。x秒間スコアがy%アップするやGREAT以下の判定を出すまでスコアがy%アップする、このようなスキルである。基本的にどのイベントでもスコアがイベントポイントに直結するので一番使えるスキルである。今回のチャレンジイベントではこのGREAT以下の~をスキルを持つキャラがマストですね。ピックアップの湊友希那がまさにそうなのですがわたしは持ってない。

次に判定強化系。バンドリ!のリズムゲームは曲に合わせてリズムアイコンが上から降ってきてドンピシャのタイミングでタップできればPERFECTの判定、以下タイミングがずれる事にGREAT、GOOD、BAD、MISSとなっていく。判定強化系のスキルはこのGREATとGOODの判定だったものをPERFECTにx秒間変化させてくれるというもの。今回のチャレンジイベントではスコアアップ系のほうがいいが、トライイベントというミッション系のイベントで1曲に付きGREAT以下をz個までに抑えろみたいなお題では結構使えるスキルである。

最後にライフ回復系。バンドリ!ではリズムゲーム中にBADとMISSを取りすぎるとゲームオーバーとなり曲が止まる。コンティニューもできるけど曲の途中で始まるのでまたすぐにゲームオーバーになりやすいからおすすめしない。協力プレイ中は曲は止まらないけどスコアが全然増えなくなる。なので高難易度の曲ではライフ回復スキルを盛り込むと安定してクリアができるようになったりする。だが、協力プレイ中にしくじって0になったライフは回復しない

と、3種類のスキルが有るのだが皆様お気づきだろうか。スコアアップのスキルしか上手い人は必要ではないのだ。判定強化にしろライフ回復にしろほとんどPERFECTでクリアできる人には無用のものとなる。この辺が昔からバランスが悪いと言われていて、途中から判定強化もライフ回復も気持ちばかりのスコアアップが付くようになったが、このスキル一強問題はまだまだバンドリ!の課題であろう。スキルの説明は以上です。

 

ちなみに、あーちゃんはこのチャレンジスコアランキングのTOP100の称号を沢山持っている。すごいなーというと、どうせ称号をつけられるのは2つだけ、とクールな返答。相変わらずかっこいい女性である。

この後、久々にバンドリ!をプレイしたあーちゃんにあっという間にスコアランキングは抜かされて終了。今回のリゼロコラボは60連で全部揃ったというくらいガチャにさくっとお金をぶっ込む度量もある人である。やっぱりすごいなあーちゃんは。あーちゃんはキャラもかなり持っているけどプレイもかなりうまいんですよ。最高難易度の曲でも普通にさらっとクリアしますし…あーちゃんにゲームで勝てる気がしないです笑

そんなあーちゃんにアドバイスを貰って2日目が終了。目安の時間もわかったしスコアランキングを早々と諦められたのでリスクのないHardでチャレンジライブはプレイすることにした。

 

2日目の順位。1000位は切っているけどスターが心もとないからキャラの育成をしてエピソードを見てスター回収をさらにすることにした。結構使ってないキャラって放置のままたまっていくんですよねぇ。ちなみにこの地点で1位とのポイント差が10倍以上ありました。さすがにTOP100は別次元すぎる笑

この日から順位画面をスクショするように。せっかくだから記事に載せようと思いました。

 

 

・11月22日(金)

バンドリ!って協力ライブだと一人一つ曲目を選べるんです。なんでもいい人は「おまかせ」を選ぶのですが、今日現在で218曲も搭載しているからさぞ曲目がバラバラになるのかと言えばそうでもないんです。体感30%くらいPastel*Palettesの「天下トーイツAtoZ☆」かPoppin’Partyの「Jumpin’」が選ばれるんですよね。よく調べてませんがおそらく曲が短めでスコアが取りやすいからなのでしょう。この曲目の頻度が多すぎて曲が決まった瞬間に接続を切断する人がいるんだけど、別にHardでまったりやればいいのになぁとも思います。まぁ、聴きすぎて嫌になったんでしょうけど…

この2曲はExpert以上だと連打が多く結構疲れるのでわたしは普通にHardでプレイします。Hardでも普通に良いスコアになりますし、Expertを選んでミスして散々な結果になるよりはだいぶマシです。というか、今回のイベントでわたしは26以上の曲は全部ExpertではなくHardでプレイします。協力プレイだと演奏中にライフが0になっても一応ゲーム継続は可能ですがスコアが著しく下がってしまうのでその防止のためです。Expertの難易度は現在29までありますが、わたしのプレイレベルだと26は頑張らないとクリアできず、27はかなり頑張らないとクリアできず、28だとパーティに回復のスキルを持っているキャラを入れていないとクリアできず、29だとパーティを全員回復スキル持ちにしてもたまにしかクリアできないってレベルなのです。つまり、

 

わたしはバンドリ!が大してうまくない笑

 

だからこそ、(できれば無課金の)ランカーとして1000位以内に入りたいという思いが強くあったのです。キャラも大していいのを持っていない、プレイもそんなうまくないのにランキングに入ったらゲームにお金をそんな使えないキッズの希望になれるじゃないですか。このおっさん下手くそでキャラも弱いのにバンドリ!のランキングでいいところまでいけるんだなって。僕もがんばればなんとかなるのかなって。キッズがわたしを求めているとは思えないけど笑。

協力プレイのHardとExpertならスコアもそんなびっくりするくらい違うなんてこともないしExpertで即死されるくらいならNormal、Easyのが遥かにマシですから無理しない難易度でみんなが楽しめるのもバンドリの魅力ですね。自分の思い通りの曲や難易度を人が選ばなかったからって切断しても時間の無駄だと思います。結構多いんですよねそういう人。

 

3日目の順位。今の所順調です。リズムゲームを沢山プレイしたのでキャラのサイドストーリーを見るためのアイテムも結構集まり、開放したのでスターが前日よりも増えています。が、先は長いのでもうちょっと確保しておきたい所。

 

 

・11月23日(土)勤労感謝の日

土曜日ですが祝日でもあるのでお休みの方が多いはず=ポイントを稼ぐ人も多いはずと思い朝からがんばってバンドリ!をプレイ。そしたら思いの外そうでもなくてどんどん伸びる順位笑。祝日だからみんなお出かけしたのでしょうか。

しっかしこんなにバンドリ!をプレイしているのは自身初めてなんですよ。バンドリ!ってしょっちゅうイベントが行われているんですが、プレイさえすればかならず☆3のキャラが貰える親切設計なのです。なのでイベントが始まったら☆3のキャラを貰うまでプレイしてそれ以外の日はなんとなくログインをしてテキトーに2,3曲プレイして終わりみたいな日が多かったですね。気に入った曲がリリースされたらずーっとプレイしていたりしますが。

そんなバンドリ!をこんなに長く楽しんでいるのは初期から搭載されている楽曲、「シュガーソングとビターステップ」(以下、シュガソン)のカバーがすごいいいなぁって思ったのが始まりです。UNION SQUARE GARDENというスリーピースバンドが原曲でアニメ「血界戦線」のエンディングテーマとなっているこの曲、スリーピースとは思えない重厚な原曲ももちろんいいんですがハロー、ハッピーワールド!のカバーも素敵なのです。Expertの難易度も初期最高レベルの28でバンドリ!をプレイし始めた頃は全くクリアできなかったのがさらにこのゲームにハマった要因となってます。クリアできるようになるまでがんばるぞと躍起になって遊んでました。そんなこの曲をよくプレイしていた2年前は今とは全く環境が違っていたので少し感慨深いモノもあり、こころちゃんの歌うシュガソンを聴くと胸にグッとくるものがあるんですよね。まだサラリーマンだったなぁとか…まぁ、わたしは言うほど昔のことは考えないけど笑

今ではそんなシュガソンのExpertも油断しなければ回復なしでもクリアできるようになりました。譜面がトリッキーな感じがしますが慣れれば他の28よりクリアしやすいですよね。動画サイトに曲があったりするので気になった方は聴いてみて下さい。ちなみにシュガソンはいろんなリズムゲーム(音ゲー)で使用されていてゲームセンターに行くとよく流れています笑

 

それにしてもわたしがバンドリ!に限らずこんなにリズムゲームをプレイしているのはいつ以来だろう。わたしが高校生の時に元祖リズムゲームの「ビートマニア」がコナミから登場して、本当に踊るようなリズムゲーム「ダンスダンスレボリューション」とかギター型のコントローラーで遊ぶ「ギターフリークス」そのギターフリークスと併設されていた「ドラムマニア」くらいまでは家でもゲームセンターでもよく遊んでいましたが…

なんか他のジャンルになりますが、ストリートファイターⅡを代表とする格闘ゲームや飛行機が玉を発射して敵を倒していくシューティングゲームと同じく、リズムゲーム(音ゲー)もアッパー層、つまり上級者にターゲットを合わせてよりシステムがマニアックに進化していった結果、こりゃついていけないなぁと思って触らなくなったんですよね。もう上級者しか楽しめない仕様になっていってました。初見殺しと煽りもひどくなっていきましたし。その結果、初心者中級者が離れ、人がプレイしなくなって市場規模が縮小していきました。

近年では間口が広がって初心者でも楽しめる格闘ゲーム、シューティングゲーム、リズムゲームが登場しています。その中でもアーケード(ゲームセンター)ではなくコンシューマー(家庭用ゲーム機)でもないスマホのゲームであるバンドリ!は初心者から上級者までみんな楽しめるいいゲームですよ。だからバンドリ!で上手ぶって人のミスを煽る輩はそういう事をするのはやめたほうがいいですよ。そういう行為が過去にコンテンツを殺してるわけですから。テキトーに楽しめりゃいいじゃないゲームなんだし笑

 

そんな事を考えながらプレイしていた4日目。順位は見ての通り400位を切るくらいでしたね。休みだからって思ったよりみんなプレイしないんだなーと思いながら床につきました。結構のびてきたな順位…

 

 

 

・11月24日(日)

 

甘かった笑

 

2連休の2日目の朝、起きたらそう思いました。結構朝はやく目覚めたのですが順位が100位くらい落ちていて…そっかみんな夜通しぶっとおしでバンドリ!をプレイしていたんだな…

わたしは夜起きているのがすごい苦手です。飲み会中でも深夜帯は結構飲み屋でよく寝ていましたし、ドラクエ10を廃人のようにプレイしていた時も夜はきちんと寝ていました。そしてどうしてもプレイしたい時は早朝に起きてやることにしていたんです。

理由は結構簡単で、「夜起きてるとネガティブ思考になるから」です。明日には明日の風が吹くがモットーのわたしはとりあえずなんとかなるさ精神でポジティブ思考であるとよく言われます。そんなわたしは長らく保険業を生業としているのですが、結構この仕事をしていると人の生死のデータがまわってきたりします。その中でも、

人が自殺するのは深夜帯、午前3時前後が一番多い

というデータが衝撃でした。なんでも夜中の思考って暗くなりやすく、夜型の人のほうがやっぱり精神的な病気になりやすかったりするのです。夜のお仕事の人は仕方ないにしろ、人も生物ですからおてんとさんが昇ったら起きて活動して日が暮れたら寝るというのはずーっと昔からDNAに刻まれた習慣なんですよ。だから次の日休みだからって夜中までゲームしている諸君、夜は寝よう笑。そんなわけでわたしは夜起きていたくないです。寝れないって人はお酒でも睡眠薬でもなんでもいいから使用して夜は寝たほうがいいですよ。眠れなくても無心で布団に入って目を瞑っていれば睡眠時の半分くらいは体力が回復するそうですし。

そんなわけで日曜日も朝からバンドリ!をプレイ、するもなかなか順位が上がらず。昼くらいまで順位はモミモミしていました。本当にライバルがぶっ通しプレイしているのがよくわかります…うーん手強い。

そういや金曜日から日曜日まで全国パチンコ・パチスロファン感謝デーが行われていましたね。毎年この時期に行われるこのイベント、どこでもいいのですがパチンコ屋で打っていると日に3回位くじが引けて巨大なテレビをはじめ色々な景品が当たります。どうせ当たらないクジなんだろと思ったそこのあなた、わたしはこのイベントでデジタルカメラを当てたことがあります。その他にも桂由美のバスタオルセットとか色々もらっています。

高額景品が出やすいのはやっぱり最終日である日曜日が多いので、毎年このイベントのある最終日、日曜日が暇なら結構パチンコ屋に行っていたんです。当然今年はパチンコ屋に行ってる場合ではないので行かなかったです笑

まぁ、ファン感謝デーなんて言ってますがお店で貰える大型テレビをはじめとしたクジの景品ってすべてパチンコ屋さんが自腹で準備するらしいので、人が多い割にはそんな出てない気がします。なのでわたしはファン感謝デーに行ったとしても低レートで軽く遊ぶ程度にしています。今年はファン感謝デーの次の日が給料日なのでパチンコ屋さんがぶっこ抜くなら次の日なのかなぁ…

そういや妹もバンドリ!をプレイしているので今こんな順位なんやでーと写メを送ったらひぇ…って言われました。妹は760000位くらいだったそうで笑

ただ、妹は結構いろんなゲームでランカーをやっていて、やってる最中は精神的苦痛、寝不足、順位を気にして仕事どころじゃねえって思っていたそうで。大丈夫、兄も今なんとなくそんな感じになってきている笑。ただし、バンドリ!のいいところとして一般的なソーシャルゲームにありがちなボタンをただポチポチ押すだけではなくちゃんとリズムゲームをしないとポイントにならないがあるのでそこまで飽きてはないですね。ただ、目がしんどい時があるかな。

妹はランカーは終わった後の開放感半端ないと〆ていました。そりゃそうだよなーと思いつつバンドリのイベントが9日間でほんと良かったと思います。これが一ヶ月とか続いたら途中で諦めたかもしれないし、どこか体がおかしくなるかもしれない笑

 

 

5日目の順位。さっぱり上がらなかった午前中に比べて午後からは徐々に順位が上がりました。夜通し組が午後から力尽きたのでしょうか。だいたい一日100万ポイントずつ稼いでいますが、ランクはキレイに、1日に1しか上がってません。ランクが上がればスタミナが回復するのですが…あと、3日目に貯めたスターが減りだしました。どこかで確保できないかなぁ…

 

 

 

・11月25日(月)

イベントを折り返した5日目。朝起きた時にやっぱり順位は下がっていたものの50位程度と前日の半分くらいだった。そしてまた朝からバンドリ!をプレイするも順位がすぐに戻る。やっぱり休日はプレイする人多かったんだなぁと実感するも、当然平日だからわたしも出かけなくてはならない。25日で月曜日だから道が混むだろうなぁ。

一般的に給料日とされている事が多い「五十日(ごとおび)」は5の倍数の日のことを指しています。その中でも給料日として特に25日が多い理由は「給料日が月末だと30日だったり31日だったり28日だったりしてバラバラになる。その手前の五十日である25日なら毎月必ずあるし、日付が決まっていたほうが会計処理がしやすいから」と、このような理由で25日を給料日に設定している企業が多いそうです。お仕事って月初めは初めで色々やることがありますしね。

そんな五十日と月曜日、または週末である金曜日が重なると道が混みます。今日がまさにそうなのでお出かけするには時間に余裕を見なければならない。道が混んでいてなんて理由で遅刻したくないですからねぇ。

さすがにお出かけ中はバンドリ!をプレイできないので、これを機会にイベント中のスタミナの使い方を考えてみました。バンドリ!ってスタミナは全ランク共通で10で、スタミナ1回復するのに30分かかるので、使い切ってしまえば5時間はプレイしなくてもスタミナ損にはならないんですが、よくよく考えると使い切った時よりもスタミナの回復途中で回復した時のほうがロスがでるなぁと思いまして。

例えば、スタミナが0で1回復するまでの残り時間が15分の時にアイテムやスターを使って10まで回復しちゃうと経過した15分がリセットされてしまします。1度や2度ならそんな気にするほどではないのですが…

バンドリでスタミナ10を使い切るのに必要な時間はゆっくりみて10分。スタミナの使い方は3,3,3,1ですが最後の1は次に持ち越してしまうことが多いです。次のスタミナ11も3,3,3で使って回復して、次のスタミナ12で3,3,3,3の消費をして0にしていました。経過した時間はゆっくりみて30分。回復して経過した時間がリセットされていなければスタミナ1分の時間が残ります。

あーちゃんが言っていたTOP1000に入るなら一日3時間以上のプレイをガンガン回復を使ってノンストッププレイしてしまうとだいたい180分分のスタミナ回復時間がリセットされてしまうんです。180分あればスタミナが6も回復しますよね…

そろそろ回復手段のスターも怪しくなってきたので、今日から節約プレイをすることに。ゲームプレイしてスタミナを0にしたらでかけて、帰ってきたらスタミナが回復した瞬間、残り30分の表示になったら回復して3未満のスタミナが残ったら回復するまで別な作業をしたり、スタミナを使わずチャレンジポイントを使用する課題曲のチャレンジライブをプレイしました。そう意識しながらプレイしたらスターをあまり使わずに済み、キャラのストーリーを見て若干増えました。そして、回復アイテムってブーストドリンクが一般的なのですが、本日の午後に送られてきた「リンガ」というスタミナ回復アイテムをみて、ブーストドリンク以外のスタミナ回復アイテムが結構残っていることに気づきました笑

そういやとあるイベントの時にポップコーンやらケーキやらチョコやら送られてきていて、あまり気にしてなかったのですがそれってスタミナ回復アイテムだったわけです。よく分からないから放置していたのですがここに来てズボラな性格が役立ちました笑。ちなみにリンガはリゼロの世界でのりんごのことを言います。リンガは白いもんじゃ、という姫様が出てくる話があるんですが、この姫様は性格Mの人は好きだろうなぁ…

 

 

そんな五十日だった6日目の順位。ポイントを見る限り前日よりプレイできなかったのですが前日より順位が上がったのは今日が平日だからでしょう。ゲームできない日はみんな一緒なんだとちょっと安心笑。ただ、チャレンジポイントによる大逆転も無きにしもあらずなので引き続き用心しながらプレイすることにする。

チャレンジポイントの消費は200,400,800の3パターンで消費できるけど基本どれを選んでも結果はそんなに変わらないのでわたしは800で消費しています。基本的に800以上の宵越しはしません。わたしの場合こういうポイントは貯めると最終日に消費しきれずに終わってしまいそうだからです笑

キャラや設備投資によって変わるのですがわたしのプレイ環境だと協力ライブ、スタミナ3消費の演奏でイベントポイント約6000、チャレンジポイント約300入ります。協力ライブなので他の人のスキルやプレイ結果で変動はありますがだいたいこのくらいは稼いでいます。チャレンジライブはチャレンジポイント800消費で約30000のイベントポイントが入ります。あれ、一日大体1000000ポイント稼いでるって事はわたしは一体どれくらいの時間プレイしているんだろう…

3時間プレイだと、ゆとりをもっても協力ライブが60回は演奏できるから6000×60で360000、チャレンジポイントは300×60で18000、800で割ると22.5回。チャレンジライブで入るポイントが30000×22で660000イベントポイント。360000+660000は1020000イベントポイントだから結構きっちりと一日累計3時間以上プレイしているみたいですね。チャレンジライブはサクサク終わるので22回プレイしても、かかって40分くらいですし。

ってことでわたしのキャラ性能と腕ではざっくり4時間で1000000ポイントくらい稼いでいるんですね。

でも正直、体感では6時間以上はやってるだろうなと思ってました笑。思ったよりプレイできてないんだなぁ…

 

 

 

 

・11月26日(火)

朝起きて早速順位を確認するも結構寝た割には30位くらいしか順位が下がっていなかった。ほっとしてプレイを始めるも今度はなかなか順位が上がらない。ポイント差がどんどん広がっているのだろうか。

しっかしバンドリ!をガンガンプレイし始めて早7日目。とっくに飽きるんではないかと思っていたけど思ったより飽きていない。まだ歌える戦える。理由はそりゃ潤沢な曲目のおかげでしょう。5バンド+2バンド+ソロ曲や各バンドの垣根を超えたバラバラ編成バンドにはそれぞれ特徴があります。そんなバンド達の紹介をまだしていなかったので7日目にしてわたしがおすすめしたい曲と共にご紹介させていただければと思います。完全に個人の主観なので突っ込まないで下さい笑

なお、曲は大体Youtubeにあるにはあるんですが貼っていいのかわからないので気になった方は曲タイトルで検索してみて下さい。

 

 

Poppin’Party ポッピンパーティ

略称はポピパ。いわゆる主人公達のバンドです。曲調は女子高生バンドらしいポップ+ロックテイストですが切ない感じの曲も結構あります。いろいろあってメンバー全員が歌うのも特徴ですね。カバー曲も有名所の初音ミク「千本桜」、夏に流れる名曲JITTERIN’JINN「夏祭り」、ポルノグラフィティの「ミュージック・アワー」、ワンピースのオープニングだったAAAの「Wake up!」とザ・主人公の王道って感じの曲を演奏するバンドです。ポピパは中の人(キャラの声優さん)がリアルライブをするのも特徴ですね。FLOWの「DAYS」カバーはこの曲が流れていた当時色々あったので泣きそうになるのであんまり聴きたくないですが名曲ですね。交響詩篇エウレカセブンのオープニングだったんですけど、エウレカセブンのセブンって朝7時放映だったからそういうタイトルがついたみたいですねというプチ情報。

ちなみに、以前メガネ屋さんのJINSとバンドリ!がコラボした時は牛込りみモデルのメガネが販売されました。

私の心はチョココロネという衝撃なタイトルかつ歌詞の曲や、月曜の朝は金曜日の続きという哲学的な歌詞が好きで思わずカラオケでビジネスパートナーの前で歌ったらドン引きされた「ぽっぴん’しゃっふる」とかなり悩みましたがわたしのおすすめは「クリスマスのうた」です。季節の曲ですが、ジングルベルのイントロから始まりポピパらしいポップな感じと少し切なさの入った曲調です。今時期に流すものいいけど、わたしは夏場にガンガン協力プレイで曲目として選んでいます笑

 

 

Afterglow アフターグロウ

略称はアフロ。幼馴染が一緒にいられるようにと結成されたバンド。曲調はロック調。ボーカル美竹蘭の声優が、声優をほとんど知らないわたしでも知っている佐倉綾音さんが担当しています。ちなみに美竹蘭はまーくんの推しです。ベースの上原ひまりが妙に色っぽく見えるのでわたしは好きです。

ちなみに、以前メガネ屋さんのJINSとバンドリ!がコラボした時は羽沢つぐみモデルのメガネが販売されました。

カバー曲は今回の課題曲である鈴木このみ「Redo」、L’Arc~en~Ciel「READY STEADY GO」、BUMP OF CHICKEN「カルマ」とかっこいい感じの曲が多いです。ボーカロイド(ボカロ)の曲もカバーしていますが「アスノヨゾラ哨戒班」や「ロストワンの号哭」とやっぱりかっこいい感じの曲です。「Reach Out To The Truth」はPS2やPSVITAで発売されたペルソナ4というRPG(ロールプレイングゲーム)の戦闘曲ですが、当時、ロールプレイングゲームの戦闘で楽曲が流れるなんてことはなかったのですごいびっくりしたのを覚えています。バンドリ!のペルソナコラボで追加された曲ですが、他にもすごい曲がペルソナコラボでは追加されたんですよね。せっかくなので後述します。

そんなアフターグロウのおすすめ曲は「Hey-day狂想曲(カプリチオ)」、最初この曲を聴いた時、お化け屋敷みたいな曲だなって思ったんです。デスメタルとかHR/HM(ハードロック・ヘヴィメタル)とも違う、お化け屋敷を表現した曲に思えました。なかなかないですよねこの曲お化け屋敷みたいって思う曲って。Expertの難易度が28とかなり難しくて何回もトライしているうちにいつの間にかこの曲を口ずさむようになっていました。癖になる感じの曲です笑

 

 

Pastel*Palettes パステルパレット

略称はパスパレ、その名の通りパステルカラーのライブ衣装を着た、キラキラとしたアイドルバンドです。曲調も見た通りアイドルっぽい感じの曲が多い。そんなパスパレのストーリーはアイドルユニットとして活動が始まった途端に口パクがお客さんにバレてしまうところから始まります。アイドルバンドなのにそうはじまったかとお話に関心を引く感じのバンドです。

ちなみに、以前メガネ屋さんのJINSとバンドリ!がコラボした時は大和麻弥モデルのメガネが販売されました。大和麻弥はプライベートだとメガネをかけているのでバッチリでしたね。リーダーの丸山彩メガネバージョンもあります。

カバー曲も実にアイドルらしい選曲でプリパラというアイドルアニメのオープニングであるi☆Risの「ドリームパレード」、リメイク版セーラームーンオープニングのももいろクローバーZ「MOON PRIDE」、いきものがかりの「気まぐれロマンティック」とかわいい曲が多いです。おそ松さんオープニングのA応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」もカバーしてますね。アレンジも可愛らしい感じにされています。どうでもいいけどわたしはMOON PRIDEもカラオケでビジネスパートナーの前で歌ってドン引きされた気がします。

そんなパスパレのおすすめ曲は「しゅわりん☆どり~みん」。今で言う天下トーイツAtoZ☆みたいな、初期のスコア稼ぎの曲でした。スコア稼ぎの曲でしたが、Expertがほどよい難易度で必要なリズムゲームの操作が全部詰まったバンドリ!の練習曲みたいな扱いでもありました。で、練習しているときっとみんなしゅわしゅわ歌い出すと思います笑。パスパレと言えばこれ!と言っても過言ではないくらい名曲です。

 

 

Roselia ロゼリア

バンドリ!のバンドの中で一番上昇志向が強いストイックかつスパルタンなバンド。ファン人気投票で一番だったバンドでもあります。そんな冷たい感じのするメンバーだけどストーリーでは人間らしい一面を見せたりします(ねこ)。ポピパのがっちがちのライバル枠なのかなぁと思いきやそうでもないですね。曲調はビジュアル系+ハードロックな感じ。バンドリーダーである湊友希那のパパが登場したことがあるんですがイケメン+若すぎて物議を醸した事があります笑。ポピパと同じくこちらも中の人(キャラの声優さん)がリアルライブをします。「NHKの沼にハマって聞いてみた」という番組にも出演して演奏してました。

ちなみに、以前メガネ屋さんのJINSとバンドリ!がコラボした時は氷川紗夜モデルのメガネが販売されました。双子の妹である氷川日菜モデルはないのでしょうか笑。白金燐子ハッピー☆4メガネはかなり強いので一枚欲しいところですね。

カバー曲は進撃の巨人オープニングのLinked Horizon「紅蓮の弓矢」、BLACK LAGOONオープニングのMELL「Red fraction」PSYCHO-PASSエンディングのEGOIST「名前のない怪物」と、シリアス系の曲が多いのですが、人気ボカロ曲のバルーン「シャルル」や新世紀エヴァンゲリオンオープニングの高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」みたいな曲も歌っています。アレンジもすごいけど声量も半端ないです、高音シャウトしてますし。

アフターグロウの項目の時に後述と書いていた話ですが、ペルソナコラボの時にロゼリアカバーで「キミの記憶」という曲が追加されました。ペルソナ3というロールプレイングゲームのエンディングで流れた歌なんですけど、このゲームのオチを知っていてこの曲を聴くとものすごい衝撃受けます。伏線みたいな感じですね、その結末をこのキミの記憶は表現していたみたいな。魔法少女まどかマギカのオープニングテーマがなんのことを歌ってるのか物語が進むにつれつながっていくような感覚です。その切ない様子をロゼリアがうまーくカバーしている名曲です。なんのこっちゃよくわからない人はペルソナ3のオチをネットで調べないでぜひ自分の手でプレイしてキミの記憶を聴く体験をしていただきたい。まぁわたしは、オチを妹から聞いたけど笑

ロゼリアはオリジナル曲も全部かっこいいし好きなのですが、一つおすすめとして挙げるなら「FIRE BIRD」。若干中二病っぽい歌詞ですが、これがまたタムとバスドラムの連打が効いた曲に合っていてかっこいいんです。そしてこの曲、シングルとして発売されているからか、なじみのラーメン屋である山岡家でラーメンを食べていたら突然店内BGMでこれがかかりまして思わず感動して泣きそうになった事があるのが忘れられないですね笑

 

 

 

ハローハッピーワールド

略称はハロハピ。不思議ちゃんで超金持ちのバンドリーダー弦巻こころが引き起こす事件にみんな巻き込まれていくような感じのコミックバンド。曲調はミクスチャーポップ…とでも言うんですかね、ポップスのいいとこ全部取りみたいな曲が多いです。マーチングバンドみたいな感じの曲もあります。ハロハピだけ巨大なくまのマスコットがあるのですが、その中に入っている(入らされている)奥沢美咲が世話焼き女房みたいな感じというか、いつも大変な目にあうというか、そんな感じのストーリーです。ちなみにくまはミッシェルといいバンドリ!のマスコットとして不動の地位に立っています。

ちなみに、以前メガネ屋さんのJINSとバンドリ!がコラボした時は松原花音モデルのメガネが販売されました。ハロハピだとミッシェルのサングラスを販売したら売れそうですね。

カバー曲は上にもあげた血界戦線エンディングのUNION SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」、SEKAI NO OWARI「Dragon Night」、モーニング娘「ハッピーサマーウエディング」、機巧少女は傷つかないエンディングの歌組雪月花「回レ!雪月花」、ORANGE RANGE「上海ハニー」と、バンドよろしく不思議な組み合わせですが、こころちゃんが歌うとすっかりハロハピの曲になるんですよねぇ。人気ボカロ曲である「いーあるふぁんくらぶ」もいいですよ。

そんなハロハピはオリジナル曲も楽しげな曲ばっかりですが一つおすすめとしてあげるならパロハピの魅力がギュッと濃縮された「えがお・シング・あ・ソング」ですね。この曲、メロディも不思議ちゃんですが歌詞がもっとすごいんです。すごいのでどーんと歌詞を載せたいところですが当局から怒られたら嫌なのでやめておきます。わははとかハッピーとからんらんらんとかそんな感じの言葉が洪水のように押し寄せてくるキュートな曲なので、ネットで調べて歌詞を見るだけでも面白い曲です笑

 

 

 

Glitter*Green グリッターグリーン

略称はグリグリ。このバンドは一曲だけバンドリ!のアプリに入っていて詳しく知らない方も多いと思うので解説すると、ボーカルがポピパメンバー牛込りみの姉である牛込ゆり、ギターも弾いている。ベースが江戸川楽器店の店員さんでもある鵜沢リィ。キーボードがメガネっ娘の鰐部七菜(わにべななな。ななじゃなくてなななってとこが良いですねメガネかけてるし)。ドラムが特徴がないのが特徴の二十騎(にじつき)ひなこの四人組バンドで、ぽぴぱのメンツがこのグリグリの演奏に感銘を受けてバンドの世界に入っていくというキーパーソンなのです。

JINSさん次はなななモデルのメガネもお願いします笑

アニメ本編でもほとんど出てこない謎のバンドですがCDを一枚リリースしているくらいの人気ぶり。アプリにも収録されている「Don’t be afraid!」、カップリング曲でアプリ未収録の「Glee! Glee! Glee!」はアニメ放送時からCD化を望む声が多かったんですよね。どびあへ、つかめ、つかめ、つよく!というサビは強烈に印象に残ります。

 

 

 

RAISE A SUILEN レイズアスイレン

略称はRAS(ラス)、アニメバンドリ!二期のボスキャラ的バンドで、ボスキャラだけあって他のメンバーとはだいぶ色合いが違う。と、いうのもベースボーカルのレイヤの中の人「Raychell」とドラムのマスキングの中の人「夏芽」がSHAZNAの現役メンバーだという。というかいつの間にSHAZNAは6人組になったのだろう笑。

RASのメガネっ娘はギターの朝日六花ですね。ギターがメガネっ娘って結構珍しいと思うのですが、演奏する時は外しちゃうんですよねもったいない…ちなみにアニメだと朝日六花はまだRASに加入してないです。1バンドに1人はメガネっ娘がおりますなバンドリ!は。素晴らしい。

話がメガネにずれたので戻しますが、SHAZNAといえばわたしが高校生の頃に「MeltyLove」で一世を風靡したビジュアルバンドで、その後すみれセプテンバーラブをカバーして人気を不動の地位にしている。「SWEET HEART MEMORY」はよく聴いたなぁ笑って笑って笑って~みたいな曲。そんなSHAZNAも最近も活動してるんですね、勉強不足でした。

そんなSHAZNAのメンバーが二人もいるRASの曲調はデジタルロック寄りのロックですかね。ただただかっこいい曲とパワするボイスのボーカルが合わさった、ボスキャラらしいバンドです。ボスキャラと言ってもそんな険悪な感じではないですけど笑。登場したのが比較的最近のバンドなので曲数は少ないですが、どれもこれもエッジが効いてる感じでかっこいい。

カバー曲は、るろうに剣心オープニングのSIAM SHADE「1/3の純情な感情」、UVERworld「激動」ともうゴリゴリのロックな感じの曲をさらにゴリゴリにアレンジしてあります。せっかくだから「MeltyLove」もカバーしないかなぁきっとかっこいいだろうなぁ。オリジナル曲もまだ「R・I・O・T」と「UNSTOPPABLE」の2曲だけですがどちらもいい感じです。これからのびていくといいなぁ。

RASはポピパやロゼリアと同じく中の人がリアルライブをします。Youtubeに公式があげている映像がありますが、普通に女性バンドとしてみてもかなり勢いがあって、すごい強烈なインパクトがあります。これがアニメの企画って恐ろしや…

 

以上でバンド紹介は終わりです。ってなんの紹介記事なのだろうこれメガネキャラのかな。とりあえず、7バンドあってどれも見事にカラーが違うのが特徴ですね。ゲームをしない人でも聴き比べてみると楽しいと思いますよ。音楽には物語があるのを改めて思い知らされる名曲ばかりですから。

 

ゲームをプレイするより記事を書くのに夢中になってしまった7日目の結果。ノルマにしている100万ポイントは稼いでいますが順位の変動は昨日と比べてほぼありません。参加者の本気が始まったのか、上位の点数差が開いたからあまり順位が変わらないのかはわかりませんがとにかく最終日まで気が抜けませんね。残り2日、これでみんなに大逆転されてTOP1000が取れなかったらそれはそれで面白いですが、そうならないためにも気を引き締めなければなりませんな。

 

 

 

・11月27日(水)

残す所このリゼロイベントもあと2日。ここまで早かったような長かったような…1000位以内のランキングインが目標なので今の所余裕そうですが最後まで何が起こるのかわからないのが対人イベントの罠なのでこのペースを崩さないでゴールまで駆け抜けたいですね。

ここまでがんばれたのはバンドリ!が純粋に楽しいのもありますが、コラボ先のリゼロという作品が好きだというのが最もウエイトを占めていますね。リゼロがどんな作品かわからない人のために少し説明すると、スバルくんというニートの主人公がコンビニ帰りにファンタジーな異世界に転生してしまいそこでいろんな事件を解決していく話です。スバルくんは起こった事件が解決できないまま死んでしまうと「死に戻り」という能力のせいで事が起こる前に記憶を引き継いだまま巻き戻しされます。

この「死に戻り」の能力を使ってスバルくんが困難に立ち向かっていくのですがなかなかどうしてこれが面白い話なんですよ。有名なひざまくらのシーンでは以前にも書いた通りわたしは涙しましたし笑

そんなリゼロ、どのくらいわたしが気に入ってるかと言うと、

 

 

今やっている映画の初週閲覧特典(金曜上映開始の初週殺し笑)の小冊子をもらった挙げ句ちゃっかりパンフレットも買ってくるくらいには好きですね。ただ、この映画は万人に進められる内容ではなかったです。エミリアというヒロイン的キャラの過去話なので、リゼロを知らない人から見たら主人公のスバルくんや人気のメイド、レムとラムはエンディング後にすこーししか出てこないですし、話の内容もさっぱりわからないと思います。ファンのための補足内容的な映画でしたね。TVアニメを見た後なら十分楽しめると思いますので、リゼロを知らない人はまずTVアニメからご覧下さい。

それにしてもこういうソーシャルアプリのランカーを目指していると余計なことをまったくしなくなりますね。外出は必要最低限のお仕事と少しの買い物為のみ。他のゲームはほとんどログインボーナスを貰うために起動するだけ。みたいな。

昔のネット記事に、ソシャゲ業界(ソーシャルアプリ業界)はパチンコ業界を潰すというニュースが載っていたことがありまして、お金のかかってないソシャゲが遊戯という皮を被ったギャンブルのパチンコ業界に影響を与えるものなのか?と疑問を持ったことがありますが、今ならわかります。

ソーシャルアプリを本気でしていたらパチンコどころではない笑

まったりとパチンコをする、そんな暇はないですよ。そして今の若い子はソーシャルアプリなんて楽しいものがあったらパチンコ屋に行かなくなるのも十分わかりますね。パチンコ業界も20年前くらいのとりあえず技術介入要素をうまく攻略できればお金が貰える、なんて景気が良い台はありませんですから。せいぜい大やけどしない工夫くらいですね今ユーザーができる技術介入要素って。

まぁ、ここ最近はわたしもほとんどパチンコ屋に行かなくなってました。10年前位までは仕事帰りによく寄っていたんですが、最近は単純に勝てる気がしないからですね。今、甘い甘いと評判のパチスロディスクアップも技術介入要素である目押しはなんとかなるけど相性が悪いのかBIG確率がとんでもないことになってるので打つのをやめました。全設定共通で同色BIGが1/300って、わたし1/600くらいなんですけど引けて笑

度々パチンコとソシャゲは比較されるんですがね、そんな潰す潰されるのお話になるならいっそのことパチンコをソシャゲにしちゃうってのも手ですよね。日本のルールではパチンコのアプリで金銭のやり取りなんて言うのは絶対に無理でしょうから、海外発信の海外向けで外貨を稼ぐと。海外では現金のやり取りができるカジノアプリがあるんだからやろうと思えばできるはず。なんだかんだ言ってパチンコ・パチスロは他所の国にはない日本独自の文化ですし歴史もあるので、そんなないがしろにして排除の方向へ舵をとっている現状は寂しいもんです。出玉の規制、イベントの規制、と風当たりが強すぎですよ。わたしはさっぱり勝てないから最近パチンコ屋に行ってないけど笑

そんなわけで、バンドリ!にハマっていればパチンコ屋に行かないというのは割とわたしには関係のない話ですが、バンドリ!のランカーをしていて困ったのは全然ラーメン屋に行かなくなったことですね。わたしはラーメン記事を書くくらいラーメンばっかり食べているのですが今この期間はほとんどラーメン屋に行ってないのです。そんな贅沢な時間の使い方をするならバンドリ!をプレイするわ!みたいな。このバンドリ!のリゼロイベントが終わったら鼻から麺が飛び出すくらいラーメンを食べるんだ…

 

8日目の結果。最終日に向けて前日より頑張ってプレイしましたが、最終日が20:59までなので深夜にプレイする組は実質最終日の今晩、ランキングに一体どんな変動をもたらすのかはわかりません。深夜組でチャレンジポイントが溜まっていたら全部消費するのはこのタイミングしか無いですから。

もはや結構プレイしてもなかなか順位が上がらないので、その逆に下からわたしを抜かすのもそんな簡単では無いと思うけど、何があるのかわからない以上は最終日もぶん回しプレイをするしか無いですね。まぁ、イベント中は大変だったけどここまできたら残り24時間を切ってるし気楽なもんですな。

 

 

 

 

11月28日(木)最終日

朝起きて順位を確認。するも20位も落ちていない。あらあらこんなものかとぼちぼちプレイ開始する。のんびり2時間ぐらいプレイして気づく。順位が全く上がらない

点差が開いてバラけだしているのもあるけど、これっておそらく今日ガチな人は仕事や学校を休んでプレイしているのであろう。これがいわゆる警戒するべきとあーちゃんに言われた最終日ブーストなのか。朝の順位の下がって無さで安心したらこれは捲られる可能性もあったわけですな、恐ろしい…

わたしも最終日だしぶん回したい所ではあるが、あいにく月末なので何かと仕事が残っている。なのでバンドリ!のスタミナの端数時間回復の合間に仕事をしていた。すると、ちょっとずつ下がる順位。

昨日までは日曜日を除いて午前中に順位が下がるなんてことはほとんどなかったんですが、今日は気を緩めるとガクッと順位が下がりそうな気配を感じます。その理由の一つとして、処理落ちが挙げられます。

わたしのスマホはiPhone8なのですが、バンドリ!をコアタイム(午後9時辺り)でプレイするとリズムゲーム中に画面がカクついたりするんです。おそらくプレイ人数が集中して通信に負担がかかっているからだと思うのですが、今日は朝から処理落ちが起こってます。ってことはそれだけみんなプレイしてるってことだと思います。普段は午前中に処理落ちは起こりませんから。再起動すれば少しの間はカクツキがおさまりますが、ピークタイムだとまたすぐにカクついちゃうんですよね。

自分の順位が250位前後と称号的には落ち着いた場所にいるからあまりそう感じないのですが、今日のこの順位の上がらなさから察するに、おそらく称号が節目辺りの順位(10位前後、100位前後、1000位前後)はすごいデッドヒートになってそうですねこりゃ。

夕方までずっと時間を見つけてはポチポチと頑張ってプレイしているんですが本当に順位が変わらん、下がらないけど上がりもしない、減った分を取り返すのが精一杯だ…ってことはプレイを止めたら予想通り一気に順位が転落しますな…一体どうなってしまうんだこれは…これが最終日なのか…

夜になり、終了が近づくに連れ、ちょっと手を離すと順位が下がってしまうようになる。もうここまできたらこのまま突っ走るしか無いと躍起になってプレイ。とにかくプレイ…

 

 

 

 

 

 

 

11月28日(木)21:00~エピローグ

9日間における長き戦いが今終わりました。終わったばっかりの時はこういう集計中って出るんですよね。午後8時を過ぎてからのデッドヒートは壮絶でした、最後まで諦めないプレイヤーが切磋琢磨しているのが垣間見える順位変動で最後までやきもきさせられる展開でした。最終日はいつもより3時間も短いのに、前日よりかなり多い170万ポイントを稼いでいますが、とにかく後ろからの追従が怖かった。が、もうそんな事を気にしないでガムシャラにプレイするしか道は残っていなかったのです。って事を考えながらプレイしていたら時刻は午後9時をまわっていた。確かに、苦しいし長い長い9日間だったけど終わってみたらあっという間でしたね。

終わったばかりだからかまだ開放感は感じていません。それどころかおそらく今年一番聞いた曲になったであろう天下トーイツAtoZ☆が頭の中でリフレインしています。いや、冷静に考えるとここ10年で一番聞いた曲かもしれません笑。以前もどこかに書いていますが、人は33歳になると新しい音楽を聞かなくなる説があって、たしかにそうだよなぁと思っていたわたしのその概念をぶち壊してくれたのがバンドリ!なのです。バンドリ!に出会ってなければわたしはこんなに新しい音楽に触れることもなかったでしょう。そもそも女性ボーカルの歌を殆ど聞いてきませんでしたから。

さて、それでは結果発表の方にうつりたいと思います。まずは最初からキャラがいないと無理だと言われていたチャレンジイベントの課題曲スコアランキングの結果。

 

 

 

 

いやー本当に無理ですなこれ笑。一応わたしは設備はマックスにしていたんですが、やっぱり理想構成が組めてなおかつバンドリ!がうまくないとお話にならないですなぁ。でも、逆に言えば設備投資がマックスでキャラが揃っていればどのランクでもチャンスが有るってことですからね、スタートラインまでは遠いけど、並んでしまえば条件は一緒です。まぁ、下手なわたし向きではないな笑

 

では、次に肝心のイベントポイントランキングの結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

235位で、無事に1000位以内に

入ることが出来ました!

やったよキッズ諸君、別に君たちは別に望んでいなかっただろうけど無課金でここまでこれたよ!

というわけで当初の目標が達成できたので一安心。なので当記事の統括に移りたいと思います。

 

・無課金でランカーを目指すのは暫く無理

なんだかんだでスター10000個くらい使いました。スターのかき集め方は上記の通り、ストーリーを見たりキャラエピソード開放をしたり楽曲のHard以上をフルコンボでクリアして集めたのですが、

 

100体以上いたであろうエピソード未開放のキャラは残りこれだけしかいません。曲もクリアできるのはあらかたクリアしましたしメインストーリーバンドストーリーも全部読んだのでもう金策の手段が残っていません。なのでまたこういうキャラやストーリーが貯まるまではランカーを無課金で行うのは不可能です。今回は自分のズボラさ、マメじゃない性格が招いた達成と言っても過言ではありません笑

 

・バンドリ!のいいところはゲームプレイしないとランカーにはなれない所、バンドリ!の悪いところはなにかの片手間ではポイントを稼げない所笑

リズムゲームなので当たり前なのですが、ゲームをプレイしないとイベントポイントは入りません。でも、他のソシャゲってもっとこうゆるーくだらだらとテレビでも見ながらポチポチできるんですけどそのくらいの単調な作業なので正直内職にしか思えないんですよね。バンドリ!も同じ作業の繰り返しではありますが、内職っぽさはないです。テレビを見ながらでは曲をクリアできないですから。なので毎回毎回プレイ開始時は、気持ちはオールパーフェクトを狙っていましたが今回は一曲も達成できませんでした笑。でも、作業の中に目標を見つけることができるのはスパイスとして抜群に効果があります。バンドリがただのポチポチゲーだったらわたしはここまでやってないです。

 

・結論、バンドリ!は楽しい

キャラは可愛いし音楽もいいんですけど、元のゲーム性が楽しいから頑張れたんでしょうね。と、言うのも、

 

 

iPhoneバンドリ!の片手間で

プレイしていたiPadのバンドリ!も

1万位以内入れました笑

iPhoneでプレイしていた方はスコアが下がるのが嫌だったので無茶はしないで難しい曲は全部Hardでプレイしていたんですが、ああExpertもプレイしたいなぁってことでiPadでも好きなようにプレイしていたんです笑。楽しくなかったら片手間で同じゲームはしないですよね笑。ちなみに、iPhoneは車のハンドルのように持って親指プレイ、iPadはでかいのでテーブルに置いての置きプレイ(人差し指プレイ)ですが、親指プレイはどこでもできるメリットがあるけど曲がうまくクリアできるのは置きプレイなんですよね。連打は置きプレイのほうが確実にやりやすいので、親指でクリアできないなぁと思ったら置きプレイの練習をすると良いですよ。

 

と、言うわけで無事にバンドリ!のイベントを終えることが出来ました。仕事しながらのプレイでこの結果はなかなか良かったと思います。睡眠時間を削ったり何かを疎かにしたわけでもないので、こういう時間の使い方もたまにはいいですね。ただ、ランカーを目指すのは暫くやらないです、頭がボーッとしてますし、なんか青くて丸いものが上から落ちてくる幻想が見えますし今も笑。そういうわけで、39歳のおっさんでもなんとなくランカーになれる事がわかったことを結びとさせていただきます。

この長い記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

11月29日(金)答え合わせ

この記事を公開した翌日の29日に追記しています。と、いうことで、

 

無事に称号をいただくことが出来ました。本当に良かった…ちなみにこのロゼリアメンバーで戦い抜きました。判定強化とライフアップが一枚ずつ入っていますので点数はのびませんが他に持ってないから仕方ない。

それで、一夜明けてツイッターなどで各順位のボーダーラインがわかってきたのでその報告をして、当初のプレイ計画(あーちゃんの言った3時間以上、ただし今回はもっとプレイ)はどのくらいの精度だったのかを検証してみようと思います。

まず、今回このリゼロコラボイベントの参加者、

 

115万人!!

みたいですね。いつもよりかなり多い参加人数だったと。さすが人気版権。それでいて各順位のボーダーラインが、

1000位 約670万

100位 約2470万

10位 約5000万

1位 約7700万

と、とんでもない数字になっていますね。ちなみに、前回開催のチャレンジライブイベント「Do It Ourselves!!」のボーダーライン最終結果が、

1000位 約163万

100位 約640万

10位 約2320万

1位 約4500万

だったので、以前のチャレンジイベントを参考にして100位を狙って点数を抑えていたらリゼロイベントの1000位にも入れなかったみたいですね。わたしは前回のチャレンジイベントのボーダーを見ないでプレイしたのですが、この数字を見ていたら多く見積もって163万の倍くらい取って満足して失敗していたでしょうなぁ。よかった見なくて。

それで、以前にわたしがざっくりと計算した時にわたしのキャラと腕だと4時間で100万ポイント稼ぐってことでした。つまりならすと1時間あたり25万ポイント、イベントが9日間あって、リゼロイベントのボーダーが1000位で670万、一日3時間プレイだった場合、3×9で27時間、27時間×25万ポイント=合計675万ポイントなのでかなりギリギリでしたね。いつもなら3時間でいいけど今回のイベントは人気版権だからもっとプレイしろって言っていたあーちゃんはほんまもんの予想師ですね笑。

それにしても今回のTOP100に入るには2470万も必要だったのかと思うとびっくりしますね。わたしの稼ぎ方だとおよそ99時間ぶっ続けプレイが必要な数字です。9日間で。つまり1日11時間ぶっ通しプレイしなければならないのでこれは流石に無理でしたね、死んでしまいます笑

と、言う答え合わせの結果です。普段のTOP100なら狙えそうだけど人気版権は無理だという答えが出たおよでした笑

それにしても、明日にはもうドリフェスなんですね。ガチャ課金するか迷いますなぁ…

 

 

 

・1月19日(日)疑惑の追記

バンドリ!って無課金だとスターの数が25の倍数しかなかったんです。去年までは…なので、課金者の見分け方として所持しているスターの下2桁が00、25、50、75以外なら課金しているってのが解ったんですよ。課金してもうまく調節すれば25の倍数にすることは出来たのであくまで目安ですがね。

ところが、今日課金していないiPadの方で遊んでいて、ミッションの報酬を一括で受け取ったら、

 

 

25の倍数じゃなくなってました笑

ってことは報酬の無償スターで10個なんて半端な数が追加されたんでしょうね。と、いうどうでもいい情報を追記しました笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

バンドリ!ランカーをやってみる” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。