Windows10のギリギリを攻めたPCをカスタムする

Windows10のシステム要件…要はどのくらいのスペックなら動くのかって条件をご存知でしょうか。ざっくりまとめると、

 

CPU:1GHz以上のプロセッサまたはSoC(System-on-a-chip、集積回路)

メモリ:1GB(32ビットOS) または2GB(64ビットOS)

ストレージ(記憶容量):16GB (32ビットOS) または20GB (64ビットOS)

GPU:DirectX9以上およびWDDM1.0ドライバー

ディスプレイ:800×600以上の解像度

 

と、まぁそこまで極端に性能の良いパーツを求められているわけではないのですが、いつぞや書いた通り「最低でも」動く条件で構成されたパソ子は高速道路を150ccのバイクで走るのと同じくできないこともないけどかなりきついんですよ。操作は全体的にもっさりするし事あるごとに固まるし…と、言うわけで本日はそんな最低でも動く条件でWindows10が動いているパソ子のカスタム依頼がやってきました。

 

 

NECのビジネスモデル「VeasaPro」のJ VF-Gというノートパソコン。このパソ子、HDDこそ320GBあるもののCPUがIntel Celeron 1000M 1.80GHz、そしてメモリがDDR3の2GBとWindows10を動かすにはかなり心もとないスペック…というか標準でインストールされていたのはWindows8なんだけどそれでも少し物足りないですよね。

以前このパソコンよりちょっとマシかなぁくらいなマシンでまともに動くまで7分くらいかかったので、このパソ子は一体どのくらい時間がかかるのかワクワクして電源をオンにしてみると…あれ、思ったより早い…とは言ってもまともに動くまで3分くらいはかかりました。HDDが元気なのかなぁ。

 

 

 

うーん、やっぱりちょっとパワー不足は否めない感じですね。ちなみにCeleron 1000M 1.8ghzは同じソケットで、第3世代のCore i7,i5,i3でCPU換装できる物があるのでCPU自体を入れ替えてしまう人も少なくないのですが、Celeronの唯一?のいい所が熱が出なく省エネな部分なのでそれに合わせて作られたノートパソコンにi7を積んでも熱暴走起こしそうですからね…自分のパソ子なら実験がてらチャレンジしてもいいけど不具合が出たら嫌なので今回もメモリ増設とHDD→SSD換装を行うことに。

 

 

 

このVF-G、HDDとメモリまでのアクセスしやすさは抜群でわずかネジ2本外せばたどり着けます。VeasaProってこの辺りがピンキリでこのパソ子のようにやたらメンテナンスがしやすいのもあれば神経をすり減らしながらキーボードを外さなければいけないものまであります。キーボードを外すタイプはかなり難しいんですよね…で、手持ちのエレコムの2GBメモリを刺してみるも認識せず…他に準備しなきゃか。

メモリって本当に不思議なんですよね。こっちのパソコンではバリバリ動くのにあっちのパソコンでは全く動かないなんてザラですからね。なんでなんだろうか…ちなみにこのパソ子は8GBまでメモリを増やせますが、用途がMicrosoft Officeを動かすための完璧ビジネス用パソコンだったので4GBにしました。

このくらいのスペックだとメモリがどれくらいよりはHDDかSSDかで体感速度が変わるのでギリギリの8GBで攻めるより4GBでいいかなぁと思いまして。そりゃ8GBのがいいけど、そこまで感覚が変わるもんでもないんですよね。足が早くても心臓が弱かったら走れないみたいな。

 

 

 

と、言うわけでいつものWDのSSDとSUMSUNG性のメモリを準備。神機によってHDDのコピーを作ります。いやはや本当に重宝しているのでHDD、SSDのクローンに苦戦している人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。5000円くらいだし。神機の記事は下記のリンクからご覧いただけます。死んだHDDからデータを抜き取ることもできるまさに神の道具なのです笑

 

HDDコピー機を頼る

 

で、小一時間ほどでクローン化が終了しSSDを取り付けて早速起動。BIOSの再設定も必要なく普通に立ち上がりました。起動速度もバッチリ早くなっています。

 

 

 

320GBのHDDから500GBのSSDに変更したのですが、クローンしたままだと500GBのSSDも320GBしか使えないのでコンピューターの管理を開き、ディスクの管理からSSDの領域を限界まで増やします。500GB使えるようにして作業終了。

Windows10のシステム要件ギリギリのマシンでしたが、メモリ増設とSSD化することでわりとキビキビ動くパソコンに生まれ変わりました。カスタム前、試しに動画サイトを開いてみた所ガジガジのふんづまりな動きだったのに対し、カスタム後は問題なく閲覧できました。

そこまでお金がかかるものでもないですし、HDD、メモリへのアクセスしやすさにもよりますがそれほど難易度が高くない作業なのでちょっと古いパソコンで動きがもっさりしているのが気になる人はチャレンジしてみるといいですよ。ただし、当たり前ですがカスタムするとメーカー保証等は対象外となりますし、SSDはHDDと違い突然死しますのでこまめにバックアップを取る必要があります。なので自己責任にてご検討願います。

でもまぁ、個人的には保証が無くなっても、突然死のリスクがあってもサクサク動くほうがいいからなぁ笑

 

当サイトの他にパソ子をカスタムした記事は下記のリンクからご覧ください。

https://ozfare.com/category/%e3%81%8a%e4%bb%95%e4%ba%8b%e9%96%a2%e4%bf%82/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。