今更Go To Eatキャンペーンの解説

うまく使えば毎日焼肉も余裕だけど…

Go To トラベルに比べてひっそりと始まった感が否めないGo To Eat(ゴートゥイート)ですが皆さんは活用されているでしょうか?わたしはさっぱり活用していなかったんですよね。と、いうのもなんかよくわからないんですよこのGo To Eat。テレビで紹介されていても正直よーわからんかった。

Go To Eatキャンペーン事業は農林水産省管轄で国のキャンペーンなのですが…とりあえず公式サイトはコチラです。

 

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

 

これ見てすぐに理解できますかね笑

 

もう一つのサイトはなんかPCやiPadで見るとバグっているし…わたしはこのGo To Eatが始まったときにすぐ農林水産省のサイトでチェックしたのですが、これを見ても正直さっぱりわかりませんでした。というか読むのを拒絶しているようなつくりに思えるんですよね笑。

そんなわけでしばらく触っていなかったのですが、なんだか結構お得なキャンペーンだって事で盛り上がっていたので勉強して利用してみたのです。そしたら確かに色々とお得に食べることができました。って事で本日は今更だけどGo To Eatキャンペーンを端的にわかりやすく説明していきたいと思います。なんか他のサイト(主に本家)ではイマイチピンとこなかったので笑

 

さて、このGo To Eatキャンペーン。まず驚くのが、

 

Go To Eatキャンペーンは2つある

 

という事ですね。具体的に2つとは、

 

①登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行(25%上乗せ)2020年10月1日スタート

よくある「お得なお食事券」の事です。各都道府県の商工会議所などで期限付きの10000円分買えば12500円分使える上乗せ食事券が購入できます。ただこれおつりは出ないのと一回の購入は一人2万円までと少し考えて使わないといけない感じです。期限もありますしね。10月1日スタートですが販売開始は各都道府県で違うみたいです。

 

②オンライン飲食予約で次回使える期間限定ポイントの付与(コチラも2020年10月1日スタート)

オンラインで飲食の予約をするとランチ(15:00まで)は一人500円分、ディナーでは一人1000円分の期間限定ポイントがバックされます。一回の予約で最大10000ポイント(10人分まで)のポイントバックが受けられます。ポイントの付与は2020年1月末まで、有効期限は2020年3月末までとなっています。

 

①は若干マイナーな感じで②が本命のGo To Eatですが、一見この説明はすごく解りやすそうだけど肝心なところが抜けてますよね。まず、

 

オンライン飲食予約ってどこでするんだよ!笑

 

ってわたしは思いました。そして、

 

期間限定ポイントってなんのポイントだよ!笑

 

とも思いました。農林水産省のサイトを見ても「オンライン飲食予約サイト事業者(複数)」としか書いてないんですよね。そして期間限定ポイントが何者なのかは一切触れられていないのです。この地点でちょっとうんざりしますよねぇ…ですが、結構お得になるというから頑張って調べたわけです。そしたらこう農林水産省から発表されていると気づきました…

 

pdfで発表しないでGo To Eatのページに載せておけよ!笑

 

いやはやなんでここをpdfに分ける必要があるんですかね。しかも採用されなかった事業者まで載ってるし。使えないんだからいらんやろその情報。

で、全13事業者がGo To Eatキャンペーンのオンライン予約ができるみたいです。有名どころのサイトを説明すると、

 

・ぐるなび

・ホットペッパーグルメ

・食べログ

・Yohoo!ロコ

・EPARK

 

あたりですかね。これらのサイトやアプリでGo To Eat対象の飲食店を予約すると人数分に応じてポイントバックを受けれるだけではなく、サイトによって色々な通常ポイントをもらう事もできます。つまりポイントバックは2重で受けることができるんですよね。

では、Go To Eatのポイントってなんのポイントなのかというと、事業者によって違うんですよね。しかも、ポイントが付加されるまでの期間も事業者によって違うのです。有名どころのサイトを比較してみると、

 

・ぐるなび
貰える通常のポイント:楽天ポイントorぐるなびポイント
Go To Eatポイント:ぐるなび期間限定ポイント
ポイント付与:予約来店の翌日から8日後
ポイント有効期限:付与から60日
ポイント付与限度:1日2回まで

 

・ホットペッパーグルメ
貰える通常のポイント:pontaポイント
Go To Eatポイント:ホットペッパーグルメ期間限定ポイント
ポイント付与:予約来店の7日後
ポイント有効期限:加算日の翌々月末まで(2020年2月分は3月末まで)

 

・食べログ
貰える通常のポイント:Tポイント
Go To Eatポイント:期間限定Tポイント(食べログでのみ使用可)
ポイント付与:予約来店の翌月10日
ポイント有効期限:2021年3月末(2021年5月末までの予約に使用可能)
ポイント付与限度:同一店舗ひと月20000ポイントまで

 

・Yahoo!ロコ
貰える通常のポイント:PayPayボーナスライト
Go To Eatポイント:Go To Eatポイント
ポイント付与:予約来店の7日後
ポイント有効期限:付与から60日
ポイント付与限度:1日2回まで同店舗利用は1日1回まで

 

・EPARK
貰える通常のポイント:EPARKポイント
Go To Eatポイント:EPARK専用Go To Eatポイント
ポイント付与:申請後6日後以降(利用後1時間後)
ポイント有効期限:2021年3月末(2021年4月末までの予約に利用可能)
ポイント付与限度:同一店舗1日2回まで

 

※2020年11月5日現在の情報です。今後変更になる場合があります。

 

と、ピックアップした事業者だけでも結構な違いがあります。特に目立ったのはYahoo!ロコのPayPayボーナスライト、コチラはコース料理を予約すると20%ポイントで返ってくるようです。合わせるとすごい返ってきますな…

あと、EPARKの最速ポイントバックはマッハで付加されますね、無限くら寿司なんて話題になっていましたが確かにこのくらいポイントバックが早ければできるだろうなぁ…ただサイトでは申請後6日後になっているのでそのうち付与のスピードダウンが行われるのかもしれません。

もらったポイントを使って食事をしてもまたポイントが貰えるので、ランチは一人500円、ディナーは一人1000円を少し超えるくらいのお会計にするとほぼただでずーっとご飯を食べることができるし、金額さえ整合性が取れれば、例えば予約してお店に5人で訪問、内2人が赤ん坊でも会計が5000円を超えればポイントが付与されるのです。ほんとうまく使えば期間が終わるまでずーっとほぼタダ飯に預かることも可能ですな…

 

そんなGo To Eatキャンペーン、注意点が2つあって、

 

①ランチは一人500円以上、ディナーは一人1000円以上利用しないとポイントが付かない

 

って事と、

 

②お一人様は利用できる店舗が少ない

 

って事です。てか、開始直後は①の縛りがなかったから焼肉店を予約して30円のコチュジャンをペロリしてポイントだけふんだくる輩や、鳥貴族でお酒1杯とおつまみで一人700円くらい支払って1000ポイント×人数分せしめるトリキレンキンなんてのが話題になっていましたね。そりゃできるからやるんだろうけど、さすがにそれをやる勇気はわたしにはなかったよ…

②に関してはオンライン予約時の最低人数をお店が設定できるのでお一人様だと限られたお店にしかいけないんです。そりゃテーブル席しかないお店だったら大変かもしれないけど、ディナーはともかくランチは1人で食べる人なんて山ほどいるのになぁ…ソーシャルディスタンスで相席もできないから仕方ないのだろうか。

 

と、言うわけで一見わかりづらく色々と疑問が残る部分もありますが、上手く使えばすごいお得なGo To Eatキャンペーンの紹介を今更してみました笑。複数サイトを登録して使い分ければかなりお得にご飯を楽しめますな。1サイトだけだとポイント付与にどうしても時間がかかったりしますからね。ただ、強者の中は夫婦でEPARKに登録して交互に予約して毎食ほぼタダでくら寿司を食べている人もいるみたいですね…

あと、Go To Eatキャンペーンの期間は2020年1月末までとなってはいますが、予算の上限があるので早期終了もあり得ますから、さっさと利用したほうがお得ですなぁ。

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。