聖域しまむら

わたしはもう、完全にゲーセンっ子である。

昭和のゆるーい笑い話として受け取って貰いたいのだが、わたしは0歳の頃から今は亡きばあさんにおぶられて近所のパチンコ屋に出入りしていたようだ。ばあさんはじいさん共に買い物に行くと言い、パチンコ屋が併設されている近所のスーパーというか複合施設に出向き、パチンコを嗜んでから買い物をして帰る事が多かった。今赤ん坊をおぶってなんてそんな事をやったらすぐパチンコ屋から追い出されるだろうけど、当時は結構そういう子がいたんですよね。

 

ばあさんの背中におぶされてパチンコ屋に行っていたのをわたしは覚えていないけど、かすかな昔の記憶を辿ると、最古の記憶として出てくるのがわたしが丁度小学生になった頃、じいさんとばあさんがパチンコ屋に入る前に数100円小銭を渡されてこれで暇をつぶしてろ!って複合施設に置いていかれた事だ。

 

その複合施設は「あおぞら市場」といい、スーパー、飲食店の他に花屋、金魚屋、靴屋、大判焼き(今川焼き、回転焼き)の売ってる軽食コーナー、そしてゲームセンターがあった。じいさんとばあさんはそのゲーセンの親父と馴染みのようで、その親父に(孫を)頼むぞと言うとそそくさとわたしを置いて隣のパチンコ屋に消えていった。そんなことが多々あったのである。

 

あおぞら市場のゲームセンターはラインナップが割と豊富で、ナムコのポールポジションを始めとした大きな筐体の体感ゲーム、テーブル筐体の数々、そして青いアップライト型のコナミから出ていた国盗り合戦なんてメダルゲームなんかがあった。でも、アーケードゲームって今も昔もどれだけ短時間でゲームを終わらせてゲーセンが儲かるかってのが大事なことだから、ラインナップが豊富だからといって闇雲にやりたいゲームをやっちゃうとあっという間に数百円なんか消えてしまう。

 

小銭が尽きてゲームが終わってもパチンコ屋には子どもは入っちゃだめだ!とばあさんに言われていたので、迎えが来るまでなんとか暇をつぶさなければならない。そうするとわたしはどうしていたかと言うと、ゲーンセンター隣の金魚屋で延々と金魚を眺めていたのである。いつ迎えが来るのかわからないのに…金魚屋の店員さんも恐らくわたしの状況を察していたのであろう、延々と金魚を眺めているわたしに注意するわけでも話しかけるわけでもなく、ただ見守ってくれていたのだ。らんちうっておっかない顔してるのをこの金魚屋で学んだ。

 

月に2回位はそんなじいさんばあさんに付き合ってあおぞら市場に置いていかれていたわたしも、いい加減金魚を眺める虚しい思いをしたくないと考え、子どもながらに知恵を絞る。そこで出た答えが「見」だ。このゲームセンター、割と流行っていたからか平日昼間から結構お兄さんたちがいた。そんなお兄さんたちがどんなゲームをプレイしているのか、そしてわたしもできそうだなと思うゲームを探し、研究した。

 

まず気づいたのが体感ゲームは非常にコスパが悪いということ。上に挙げたナムコのポールポジション。どんなに上手い人でも5分もかからずゲームが終わってしまう。なので体感ゲームはやらないことにした。次にメダルゲーム。10円からプレイできるけど長く続けている人がいないのでこれもやらないことに。残すはテーブル筐体のゲーム、いわゆる普通のアーケードゲームだけど、よーーーくみているとコナミ、ナムコのゲームは子どもながらにコレは難しそうだなぁと思うものが多かった。というかコナミ、ナムコのゲームは結構新作で導入されていたんだけどそれをプレイしてもすぐゲームオーバーになって、それで金魚を眺めることになっていたんです。

 

で、ゲームセンターで「見」に走り研究してこれだ!って思ったのがセガのファンタジーゾーンワンダーボーイモンスターランド。ファンタジーゾーンは1986年、ワンダーボーイモンスターランドは1987年にゲームセンターの導入されたゲームで、この2つは新作ながら結構兄ちゃんたちが長く楽しんでいるのを見ていたし、何となく自分もできそうだなと思って、人のプレイを見ながらわたしも遊んでいた。ゲームの内容は話し出すとすっごい長くなるので割愛します。

その結果40近くなった今でもこの2つはワンコインクリア(100円ノーコンティニュークリア)ができるし、何より好きなゲームなんですよね。共にNintendo Switchを始めとしたバーチャルコンソールでプレイできるので、ダウンロードして今でも楽しんでいます。

 

ファンタジーゾーンはSwitchで、ワンダーボーイモンスターランドはWiiでクリアした画面。

ファンタジーゾーンとワンダーボーイモンスターランドのおかげで数百円で何時間も暇を潰せるようになったわたしがあおぞら市場のゲームセンターに行かなくなったの小学2年生の終わりの頃、これも結構いいところまで行けそうだなと思って研究をしだしたコナミのグラディウスⅡをプレイしている時に見知らぬおばさんに君ゲームうまいねぇって話しかけたことからだった。

ゲームに夢中だったのでおばさんの顔も見ないであ、どうもなんて答えるわたし。で、おばさんにお名前は?とか何年生?とか、どこの小学校?とか聞かれて最後に保護者の人とかいるのかなぁ?なんて聞かれて、ゲームに夢中で思わず、いるけどばあさんは今パチンコ屋にいるって言っちゃったんですよね。

 

え、パチンコ屋?とおばさんが言った時にやっとわたしは気づいたんです。あ、この人補導する人だって。そのおばさんはそれでわたしに聞くだけ聞いてすーっと帰っていったんですけどね。で、わたしにばあさんは何も言わなかったけど恐らく自宅に電話がきて怒られたんでしょうね。それからあおぞら市場に行くことが無くなりました。まぁ、あのばあさんがそんな電話くらいでへこたれるとは思わないけど笑

 

・うちのばあさんの伝説は下記のリンクに書いてあります。昭和の笑い話だと思っていただければ幸いです。

葬式クエスト ばあさんの場合

 

そんなあおぞら市場はわたしが小学4年生になる頃に無くなっちゃったんですけど、1980年代当時って結構色んな所にゲームセンターがあったんですよ。仙台で言うと今の青葉通り沿いのイオンが昔はダイエーで8階がまるごとゲームコーナーだったり、藤崎の7階にプレハブ小屋のゲームセンターがあったり、駅前の現イービーンズ、昔はエンドーチェーンと言って屋上遊園地があったりしましたしね。仙台三越はゲームセンターはなかったけどミニ四駆のジャパンカップ予選とかしてましたしね。そのくらい社会にアーケードゲームが浸透していた。

 

みーんな子供はゲームセンターが好きな時代でした。なのでじいさんばあさんに置き去りにされたことは特に恨んだりはしてませんし、むしろアーケードゲームに詳しくなったし、ゲームの研究を通して何かを考えるって機会を与えてもらったんだなぁって思います。まぁ、金魚は何時間も見てるのは辛かったけど笑

 

そんなわけで、なんか寂れたゲームセンターとか温泉宿の小さいゲームコーナーが好きなおよです。こんな前置きを経て最近のお話。

 

高田馬場にミカドというゲームセンターがあります。ゲームセンターですが、いわゆるレトロゲームがメインのセンターで昔のゲームがわんさか稼働しているんです。わたしは当然このゲームセンターが好きで東京に行った際にはちょこちょこお邪魔して遊ばせて頂いてるんですが、このミカドの特色として、ゲーム実況をYouTubeにアップロードしているんですよ。

懐かしいゲームで対戦したりスコアを競ったりしているので、ノスタルジックな気分になりながらわたしはよくこのミカドさんのYouTubeを見ていたんですが、先日こんなゲームを流していました。

 

 

 

つるりんくん…

お師匠さんの目を盗んでだんごを盗み食いするだけのゲーム。制限時間内に無事だんごを6個盗み食いすると、景品が出てくるこのゲームはわたしが小学生の時にはあったよなぁと思いながら調べてみると1990年にコナミから登場していました。そりゃ懐かしいわけだ。

 

そういやこういうクリアすると景品が出てくるゲームって、ゲームセンターよりわたしはよくしまむらで見かけていた気がするんです。しまむらは言わずと知れたファッションセンターしまむらの事で、日本の主に郊外を中心に多数の店舗を持つ衣料品チェーンストアを展開する会社であり、国内では衣服業界第2位。日本全都道府県に店舗を持つほか、台湾などへも展開している大企業なんですが、一昔前まで大体のしまむらには小規模スペースながらゲームコーナーが設置されていたんです。

 

しまむらのゲームコーナーってプレビ株式会社という、小規模のゲームコーナーから屋内遊園地まで幅広くアーケードゲームを取り扱う会社が管理しているので結構本格的なゲーム機が置いてあったりしたんですけど、5年くらい前からぽつりぽつりとしまむらからゲームコーナーが消えていってまして、それも時代かなぁと悲しんでいました。

うちの近所のしまむらにもセガの名作アウトランナーズというレースゲームが置いてあってたまに遊びに行ってたんですけどいつの間にか無くなっていました。うちの近所のしまむらだけでなく同じ頃次々としまむらからゲームコーナーが消えたの全国のしまむらでそんな感じなのかなぁって勝手に思っていました。

 

それで、このミカドのつるりんくん配信を見ていて、ふとしまむらのゲームコーナーって本当に絶滅したのかなと思ってTwitterで検索してみたら、どうも岩切店にまだゲームコーナーがあるみたい。まじかよ!まだ生き残っているゲームコーナーがあるのかよ!と感激しつつ、地図を見るとうちから車で40分くらいか。うーん。

この事実に気づいたのが一昨日。

 

 

 

 

 

 

 

で、いても経ってもいられず今日行ってきました笑

どこのしまむらもこんな感じでゲーム機が置いてましたよね笑。岩切店は子供用の車の体感ゲーム、UFOキャッチャー、シャベルで景品をすくうクレーンゲーム、懐かしいメダルゲームの数々…そして、

 

 

 

 

ワニワニパニックと、

まさかのファイナルラップ(3)!

 

 

 

ファイナルラップ3は1992年にナムコから登場した上に書いたポールポジションの流れを組む体感レースゲーム。元祖ファイナルラップは1987年稼働開始…これ、現存してるってかなり貴重よね…というわけで思わずプレイするも2周目でタイムオーバー笑。ポールポジションと同じで急ハンドルを切るとすぐスピンするんですよねこのゲーム笑。ハンドルがギアがよれていたりしないので普通に遊べることにまた感動。状態がいいのがうれしいですな。

 

 

ついでにワニワニパニックも触ってみたけどこちらは左端のワニが無敵(叩いても反応なし)だったのがちょっと残念。まぁ、ワニワニパニックは名取のサンキって服屋さんにもあるのでいいけども笑

 

 

メダルゲームコーナーは先客の女の子が頑張っていたので触らず。つるりんくんは残念ながら無かったけど、昔はどこにでもあったじゃんけんゲームがしっかりと設置してあるのが高ポイントですね。

 

そんなわけで、聖域しまむらは令和になってもきっちりゲームコーナーを設置している店舗が確認でき、さらに当時の懐かしいものが元気に稼働している姿に感無量のおよでした笑。最近多いアイベルと併設されているようなしまむらにはないだろうけど、もしかしたら郊外の方のしまむらを探してみればまだ岩切店の他にもゲームコーナーがあるお店があるかも知れませんね。気が向いたら探してみようかしら…いや、そこまでするんだったらしまむらのお客様センターに電話して聞いたみたほうがいいかも知れませんね笑。

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

聖域しまむら” に対して2件のコメントがあります。

  1. ピンバック: 2が3つ | ozfare | ozfare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。