初売りで中古のフェラーリを買う

フェラーリ (Ferrari N.V. ) は、イタリアに本社を置く自動車メーカー。イタリアの元レーシングドライバー兼レーシングチームオーナーのエンツォ・フェラーリによって、イタリア北部のモデナ近郊に1947年に設立されて以来、主にレーシングカー高級スポーツカーのみを製造している自動車メーカーです。

冒頭から余談なのですが、フェラーリと言えばレーシング・レッドという意味のロッソ・コルサ(Rosso Corsa)、つまり特徴的な赤色のボディがまず誰しもがイメージされると思います。フェラーリと言えば真っ赤だよね!ってわたしも思っていたのですが、実はフェラーリのコーポレートカラー(企業の特色を表す色)って黄色なんですよ。

ではなんでフェラーリが赤い車のイメージが強いのかというと、大昔のレースが国別対抗で、それぞれの国が色分けされていてイタリアが赤色のナショナルカラーだったからなんですよ。当時は同じイタリアに本社を置くアルファロメオやマセラティも赤色でレースに参戦していました。マセラティは高級車の方にシフトしたからか落ち着いたカラーの車が多いですが、アルファロメオは今でも赤い車をリリースしていますね。

えーフェラーリの企業カラーって本当に黄色なの!?って思った方はぜひフェラーリの公式サイトに行って、車についているエンブレムを見てください。見事なまでに黄色ですから…

 

閑話休題。と、言うわけでそんなフェラーリを中古で購入しまして。初売りだからって別に安くなっていたわけでもないし1992年製なのでもはや30年落ちだし、ぶっちゃけそんなにわたしは興味もなかったんですよ。ただ、ここ数年の市場価格を見ているとこれ以上値下がりもしなそうだしむしろ徐々に値上がりしているっぽいし、なにより球数が全然無くあんまり出回っていないのです。なのでまぁいいかぁ正月だし、と、ぶっちゃけノリでの購入ですね。

で、じゃあお前は何のフェラーリ買ったんだよ348か?それともなんだ、釣り目的で自転車でも買ったのか!?ってそろそろ皆さん思う頃だと思いますので発表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様の予想の

遥か斜め下です笑

 

ココナッツジャパンから1992年に発売されたファミコンソフト「フェラーリ」です笑。ココナッツジャパンと言えばパチ夫くんとか元東京都知事の舛添要一の朝までファミコンなんかが有名なファミコンソフトメーカーですが、このゲームはSYSTEM3という海外メーカーが作ったゲームをココナッツジャパンが販売しただけじゃないかなぁ多分。このゲームの特色は見ての通り…

 

 

 

真っ赤なソフトにチェッカーフラッグ柄、そしてコーポレートカラーの黄色いエンブレムの上に書かれている微妙にダサいフォントの「フェラーリ」…ぶっちゃけカセットのデザインだけみたらすごいかっこいいです。このゲーム、スーパーファミコン発売後(1990年11月)以降のファミコンソフトだけあってそもそもの出荷数が少なく、中古市場ではあまり見かけない上に売っていても結構高かったりします。

わたしは箱とか取扱説明書は別になくてもいい人ですが、このゲームは箱も真っ赤でカッコいいんですよね。海外のファミコン「NES」版のフェラーリだとカセットの色がスーパーファミコンソフトみたいに統一されていてグレーなので外人のコレクターがこの真っ赤なフェラーリのファミコンカセットを見つけてしまったら一気に市場価格が高騰してしまうだろうなぁ…まじでかっこいい。

ちなみに、

 

 

ゲーム内容はファミコンのレースゲームをプレイしたことがある人なら既視感バリバリの至ってオーソドックスなレースゲーム。特筆すべき点は特になし笑。3速ミッションが珍しいかなぁくらい。ちなみにわたし、ここ20年くらいで購入したファミコンカセットの中でこのフェラーリが一番高級品です笑。ゲームの内容的に遊ぶことはなさそうだけど、カセットがかっこいいからまぁいいかって感じですわ笑

と、いうわけで初売りで結構散財してしまったおよでした。遊ばないゲームにコレクション目的でお金を出すってほとんどないんだけど、フェラーリはほんとかっこいいもんなぁこのカセット…皆さんも安く売っていたらぜひ買っておいた方がいい一本ですよもう値下がりすることもなさそうだし。ゲームの内容は正直うーん…ですが笑

 

 

・余談

 

なんか正月っぽいなぁってことで「いっき」も買ってみました。じつはわたしいっきを購入したのは初めてだったんです。子供のころ友達の家で遊んだときあまりにもつまらn(略)…購入の対象じゃなかったんですよね。で、初めて購入してカセットをまじまじと眺めてすごいびっくりしました。あまり多く語ると揉めそうだけど、日本って1985年からすでにポリティカル・コレクトネスに対応したまさに先進国だったんだなぁと…とても感慨深いですねこのデザイン…

 

当サイトの他のレトロゲーム記事

https://ozfare.com/category/%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。