冷やしたぬきそばの「カップ麺」

あまりにも代わり映えがしないので記録には残していないのですが、わたしはカップ麺も結構食しています。セブンイレブンで売っているリアルさを追求した日清さんの(以下敬称略)「すみれ」のようなカップ麺も好きですが、「ブタメン」や「カップヌードルチリトマト味」のようなスナック感のあるカップ麺のが多く食べている気がします。リアルなラーメンはお店で食べられますからね。

そんなスナック感の感じるカップ麺の中でも「カップそば」が好きなんですよね。揚げたスナック感を感じるそばに和風だしが相まってさらさらっと食べられるので二日酔いの朝によく食べていたりするんですが、そんなカップそばをわたしはもっと食べたいところなのだけれども、個人的に残念なことにカップそばって何故か大体エビ(かき揚げ)が入っているんです。

たまに紺のきつねそばや鴨だしそば(日清のはエビが出汁に入っているので除く)、エースコックのラー油が入った太いそばなんかが売っていたりしますが、結構な確率でエビが入っているんです。わたしはエビが体質的に食べられないのでエビの入っていないカップそばを探さなければいけないんですよ。まぁ普通にどん兵衛や緑のたぬきのかき揚げを取ればいいだけなんですが、そうするとお値段の割に結構寂しいビジュアルのカップ麺になってしまうのです笑

そんなわけで、カップそばのエビが入っていない商品で何かいいのがないかなぁと常日頃から目を向けているのですが、本日スーパーに行った所こんなカップそばを発見しました。

 

 

 

大黒の冷やしたぬきそば。大黒…大黒食品工業株式会社は群馬県に本社を置くリーズナブルな価格でカップ麺を製造販売している会社。スーパーで安く売られている「マイフレンド」ブランドがこの大黒の製品ですね。本格的な味をカップ麺に求める人には不評だけど、スナック感が好きな人には結構ささるメーカーです。

で、こちらの冷やしたぬきそば、原料を見るとエビが入っていなかったので即購入…したものの、こういう冷たいカップ麺シリーズで大黒の商品ではなかったけど「冷やし中華」ってあって、それは正直あんまりわたしの好みじゃなかったんですよ。ノンフライ麺だからか妙に高いし。

なのでこの冷やしたぬきそばはどうなのかなぁと思いつつとりあえず食べてみることに。

 

 

 

作り方はカップやきそばと同じく湯切りが必要な感じですが、2つ違いがあって1つは説明文①の「添付小袋(具材含む)はお湯に入れない」ことと、もう1つは説明文④の「湯切り後に水を入れ水を捨てる作業をする(2回以上推奨)」という作業が追加されています。そりゃ水で〆なければ冷やしにはなりませんからね。

書かれている通りお湯を入れて3分待ち、お湯を捨てた後に2回水でそばを〆ました。で、出来上がったのがこちら。

 

 

 

具材はネギ、たぬき(天かす)そしてゴマと至ってシンプルだけど小売価格100円を切っているのにこれだけ入っているのは逆にすごいと感じますね。よーくまぜまぜしていただきます。

 

 

 

 

…これ、

 

めっちゃ

美味しい…

 

なんでだろう…カップそばのスナック感は残りつつ、和風だしと天かすが冷たいからより引き立ってめちゃくちゃ美味しんです…100円以下で買えるローコストカップ麺の中で正直ぶっちぎりでうまいです。うまく表現できないのだけれども、食べればあーこんな味なんだぁと通り越してくれるんです…

と、言うわけで今年の夏は大黒の冷やしたぬきそばで乗り切ってしまいそうなおよでした笑。いやぁこれは冷たい麺が好きな方はぜひ試してほしいです。お店で食べる冷やしたぬきよりスナック感があるのに気がつくと無くなっている悪魔的美味しさを実感できますよ笑

同じ大黒の冷たいシリーズで冷やしたぬきうどんと冷やし中華もあったのでそちらも近々食してみたいと思います。

 

 

大黒冷やしシリーズのリリースサイト

https://www.value-press.com/pressrelease/264939

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。