PCエンジン版ゼルダの伝説

PCエンジンはハドソンと日本電気ホームエレクトロニクス(NEC)により共同開発され、1987年10月30日に発売された家庭用ゲーム機。なので任天堂ブランドである「ゼルダの伝説」は他機種に移植されることはないのですが…

 

 

 

先日実家に行ったら、部屋の片付けをしていたようでお袋に「これあんたのでしょ?」とダンボール一箱分のゲーム機を渡されて、その中に「PCエンジンDUO」が入っていたんです。てっきり引っ越しとともに持ってきてたと思っていたDUOがまさか実家にあったとは…前述のPCエンジンとその後発売されたPCエンジン拡張機の「CD-ROMROM」が一緒になって売られたのがPCエンジンDUOで、今ではなかなか手に入りづらい本体なのです。

で、そのDUOをおうちに持って帰ってきて掃除をし、電源を入れたのですがHuカードというROMのゲームは動くもののCD-ROMは読み込まず…というかCDがまわらないんですよ。調べてみたら結構CDを回すモーターのギア、そこのグリスが長期間動かされていないと固着してしまって動かなくなるという症状が出るそうなのでDUOを分解するためのT10という特殊なドライバーとグリスを準備したらそれはそれでまた記事にしたいと思います笑

で、そのDUOに刺さっていたHuカードのゲームが本日の記事。それがこちら…

 

 

 

ニュートピア!

ニュートピアは、1989年11月17日にハドソンから発売されたPCエンジン用のアクションロールプレイングゲーム。主人公の勇者フレイを操作し、悪魔ラファエルを倒して囚われたララン姫とメダリオンを奪還する事を目的としています。で、このゲームがタイトルの通り当時PCエンジン版ゼルダの伝説って言われていたんですよね。理由はもう簡単で、なんというかその、

 

 

 

そのまんまですよね笑

 

参考までに比較すると、

 

・ファミリーコンピューターディスクシステム版ゼルダの伝説(1986年2月21日)

 

・ニュートピア

 

・スーパーファミコン版ゼルダの伝説神々のトライフォース(1991年11月21日)

 

と、ファミコンのゼルダとスーパーファミコンのゼルダに挟まれるととても違和感のない進化の順番っぽく思えます笑。当時の雑誌でニュートピアは思いっきりゼルダの伝説じゃん!と評されていましたが、それもそのはずこのゲームはゼルダの伝説がスタッフが作ったゼルダの伝説リスペクトでオマージュなゲームだからです。

開発の中心人物が「ゼルダを崇拝していてゼルダのようなゲームをPCエンジンで作りたいから始まった企画」だったのでそりゃ似ていて当たり前なんですよね。そんなわけでこのニュートピア、ゼルダ譲りの謎解きアクションで面白いのですが、そのゼルダ本家よりわたしが好きな部分があるんですよ。それが、

 

音楽!

 

誤解のないように先に説明させていただくと、ゼルダの音楽は素晴らしいですしスマブラなどで今でもフィールドの曲とか流れますしちゃんとわたしはゼルダの伝説のサントラも持っているのですが笑、ニュートピアの音楽はファミリーコンピュータ用ソフトサラダの国のトマト姫(1988年)を手掛けた前野知常さんが担当しています。

サラダの国のトマト姫はきゅうりが主役のファンタジー・アドベンチャーゲームで、とても耳に残る名曲の多いゲームです。その流れで作られているニュートピアの音楽は…ってもう説明するより聴いていただいたほうがいいですね。オープニングやフィールドの曲もいいけど、

 

 

 

このボス戦の曲が

PCエンジンのゲーム音楽で

一番好きです

 

ただただかっこいい…ボス戦1ボス戦2ラスボス戦とありどれもかっこいいけどやっぱり初めて聴いたボス戦1の曲がすっごい好きだなぁ…初めて聴いたのは小学生の時でしたが、今でもふと脳裏に現れますからねこの曲。テストプレイがてらニュートピアで遊んで最初のボスまで進んだのですが、曲を聴いて思わず涙しそうになりましたよ笑

と、言うわけでPCエンジン版ゼルダの伝説ことニュートピアのご紹介でした。今はPCエンジンミニや各ゲーム機のバーチャルコンソール等で割と手軽に遊べるのでゼルダの伝説が好きな方はぜひプレイしてみて下さい。それにしてもPCエンジンのあの独特な音源でこんなかっこいい曲を作るなんてすごいですねぇ…PCエンジン版のファンタジーゾーンは移植の出来は良かったもののBGMがしょっぱくて残念だった思い出があったりしますが、それもまたの機会に…今となってはそれも味に感じますがね笑

 

WiiUバーチャルコンソール・ニュートピア

https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000005966

 

なんか、任天堂ハードでニュートピアが動いているのを見るとますますそれっぽく思えますね笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
下記のバナーをポチッと押して下さい。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると当サイトの記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。