Nintendo Switchでくにおくんシリーズが100円セール中(6/2まで)

熱血硬派くにおくんは、1986年5月にテクノスジャパンが開発しタイトーから稼働されたアーケード用ベルトスクロールアクションゲーム。 主人公の「くにお」を操作し、ことあるごとに悪人に絡まる友人「ヒロシ」の敵討ちを目的としたゲーム。巨大な女子の敵「みすず」やラスボスのハジキでトラウマが結構生まれたゲームですな。

 

熱血硬派くにおくんはアーケードで好評を博した後、ファミコンにも移植されさらに人気を得ました。

 

そのくにおくんがデフォルメキャラとなりドッジボールを始めとして色々なスポーツに挑戦したり運動会をしたりはたまたアクションRPGになったりしてリリースされたのです。その人気は結構すごくて現在ではリメイクが販売され価格が落ち着いたもののくにおくんシリーズのファミコンソフトは一時期プレミア価格で取引されていたくらいです。

なんでそんなに人気があるのかはもう単純明快に面白いんですよくにおくんシリーズって。時代劇やダウンタウン熱血物語を一人でじっくり遊んでも面白いし、ドッジボールやサッカーで友達と対戦しても面白い、運動会のマルチプレイでみんなでわいわい遊んでも面白いんです。とにかく外れのゲームがなかったのがくにおくんシリーズ…個人的には「おでん」くらいかな遊ばなかったのは…

で、そんなくにおくんシリーズ。

 

Nintendo Switchで「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」というくにおくんのクラシックタイトル11本、日本未発売の海外版くにおくんタイトル4本、日本未発売の海外版ダブルドラゴン3本がセットで合計18タイトル入りのゲームが5,490円とかなりお買い得な感じでリリースされているのですが、そのくにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクションのタイトルが現在バラ売りされていまして、それが…

 

 

100円

 

で、セール中なんですよね…もともと定価500円とそれでもリーズナブルなのに100円セール中なので昔くにおくんで遊んでいたなぁって人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。ちなみにわたしも当時すぐにプレミア化してしまったファミコン最後初のくにおくんシリーズ「バスケ」で遊んだことがなかったのでこれを機にちょっとプレイしてみたいと思います。

Nintendo Switchもたまにすごいセールをするのでたまにチェックすると面白いですねぇ、という記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。