西浦製陶のアンティークトイレ

去年の台風19号、正式名称令和元年東日本台風は宮城県でも甚大な被害をもたらしました。うちのカーポートの屋根が全部吹っ飛んだのもこの台風19号のせいでしたし…去年の10月に起きた台風ですが、あまりにも凄まじい台風だったために地域によってはまだ片づけが終わっていないのです。

近所のかずくんは最近そんな台風19号の片づけ仕事をしているそうで。で、とある古い資材屋さんを片付けていて面白いものを見つけたからおよさんにあげるねーなんて言ってきました。ちゃんと持ち主に許可はもらった?ってきいたら投げるもん(捨てるもの)だから持ってけと言われたそうで。じゃあなんかよくわからないけど貰うよ、と言ったらかずくんが持ってきたのがこちら。

 

 

 

 

小便器?今では珍しいすべて陶器製の便器でした。なんでも未使用品なんだけど台風の土砂災害に巻き込まれたので汚れたそうで。で、ただの便器だったら持ってこなかったけどこのシンボルを見てかずくんはピンと来たんだそう。それが、

 

 

 

象の飾り?がおそらく水の出る部分についていてこれは珍しいと思ってわたしのところに持ってきてくれたのだそうで。売るなり記事のネタにするなり好きにしてとかずくん。かずくんは定期的にネタをくれるので助かっています笑。当然ネタとして使わせていただきます笑

そんなわけで翌日、とりあえずこの便器を洗ってきれいにしてみました。

 

 

 

きれいに洗ってみたら結構かっこいい便器ですな。驚くのはそのバランスの良さ。すごい不安定な形っぽいけどちゃんと立つんですよね。ただし小さめサイズだから宙に浮かせて取り付けたり子供用の小便器なんでしょうか。

 

 

裏面には品番?と何らかのサインが…筆記体小文字でbuf22?かな。ちなみに裏の穴から水を入れても象さんからは水が出てこなかったです。穴を開けて使うんでしょうかね?

 

 

で、かずくんが一緒に持ってきてくれたのがこちらのラベル。西浦製陶株式会社と書かれています。U-21が商品名なんでしょうかね?ラベルに書かれた情報を頼りにネットで検索してみると、何だか結構貴重な便器なんじゃないのかなと思い始めました。

と、いうのも西浦製陶株式会社は1935年5月に愛知県常滑市にて創立、1979年に愛知陶管工業株式会社と常磐西浦製陶株式会社を合併しジャニス工業株式会社に改称しているんですよね。

と、言うことは西浦製陶の名前がついている便器ってどんなに新しくても40年以上前のものになりますよね。そんな西浦製陶は「象印の西浦製陶」として衛生陶器の製造をしていたんだそうです。なるほどだから象のシンボルが付いているのか…

それで、ネットを検索していて気づいたのですが西浦製陶の便器の画像自体かなり少ないんだけど、ネットに載っている画像にはnishiuraってシンボルがローマ字で書かれているんですよ。ところがこの象さんの小便器にはそれがなく変わりに裏に刻印があったし、そもそもこの便器の画像がいくら探しても出てこないんです。西浦製陶を外して「レトロ 便器」や「アンティーク 便器」で調べても一向に出てこない…

 

うーん、この便器は相当古い資材屋さんの奥に眠っていたそうだし、なんかすごい歴史的に貴重なものな気がしないでもないし、貰ったものを売り払うのも何だか気が引けるし…どうしたもんかなぁと思って悩んだ挙げ句ふとひらめいたのです。

 

そっかメーカーに聞けばいいのか、と笑

 

と、言うわけで現ジャニス工業株式会社宛に「こんな小便器があるんですが、良かったら寄付します」という節のメールを写真付きで送ったんですよ。それで「うちではいらないです」って言われたらそこまでですから。それにしてもたしかにかずくんが言う通り象のシンボルがかっこいい便器だから、ジャニスさんにいらないって言われたら穴を塞いで金魚でも飼おうかな…でもこれを外に置いていたら普通に誰かにおしっこされそうですよね便器だもの笑

 

 

 

と、言うわけで現在趣味部屋に便器のあるおよでした笑。せっかくなのでソフトプロインターナショナルの名作ファミコンソフト「カラテカ」を置いて大きさの比較をしてみましたが、やっぱり小便器としては若干小さめサイズですね。送ったメールの結果がきたら後日ご報告させていただきます。

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
下記のバナーをポチッと押して下さい。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると当サイトの記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。