風まかせ(宮城郡松島町)

 

松島で大変美味しいナポリタン等々に出会った。そんなお話です。

 

 

カーポートの屋根を貼る

 

この記事にあるように先週日曜日は近所のかずくんと二人でうちのカーポートの修理をしたのです。で、おやつの時間前には終わったのでそこから町中に献血をしに行って、その後でかずくんが「およさんちょっと付き合ってね~」なんて言っていて、これはもしかして今日中に記事をかけないのではないか?と思ったのでかずくんの運転する車の中で初めてまともな記事の更新をしました。

でもまぁやっぱりキーボード打ちに慣れているからあいぽんでの更新作業はよほどのことでもない限りしないよなーなんて思っていたら到着したのがこちら。

 

 

宮城郡松島町手樽という所にある古民家カフェ「風まかせ」さん。こちらのお店は最近よく見かける古民家「風」ではなくて、本当の古民家を改装して営業しているカフェで、近所のかずくんがちょくちょくこちらのお店の改装工事を行っているんです。前々から話には聞いていたので行ってみたいなーって思っていたらかずくんが連れて行ってくれました。

 

 

こちらのお店はJR仙石線手樽駅から徒歩5分の位置(googleマップ調べ)にあるのでひっそりと佇む隠れ家的なお店ですが意外とアクセスは悪くありませんし、こんな感じに店の前を電車が通り過ぎていくので電車の好きな親子連れもよく利用されるお店だそうです。

 

 

店内の様子はプライバシー保護の観点からぼかしているのではなくてどうもわたしの写真の撮り方が悪かったらしくブレブレでしたすみません笑。なので写真のサイズを小さくしています。雰囲気で感じ取っていただければ幸いです笑

 

 

こちらの風まかせさんはご主人と奥さんで切り盛りするカフェですが、夜はお酒と焼き鳥を提供しています。なんでもご主人が東北最大の歓楽街「国分町」の老舗焼鳥屋で修行をされた方だそうで、その腕前は国分町のキャバクラに勤めるおねえさんが同伴(お店にお客さんと同時出勤するシステム)の時にこちらのお店を使うことが結構あるんだそうです…国分町から風まかせさんまでは電車だと往復3時間くらい、車でも往復2時間くらいはかかるので、この情報だけでもかなり期待できるお店なのがわかりますよね。地産地消にもこだわり、お店で提供する野菜は自家栽培のものを使用しているとか。

 

 

で、運転手はかずくんだったので「飲んでいい?」って聞いたらいいよーと言われたので早速いただくことにしました笑。そりゃねぇ、焼き鳥屋だもんね、飲まないとね笑

 

 

先付けとして出していただいたのはマカロニサラダとこちらのもつ煮。ダイナミックなゴロゴロ野菜ですが味は深部まで染み渡っていてすごい美味しい。かずくんはこのもつ煮だけでご飯をぺろっといっぱい食べていました。「焼きはなにか苦手なのはありますか?」とご主人に聞かれましたが、わたしは鶏で苦手な部位はないのでおまかせでご注文しました。

 

 

最初に出てきた串焼きはねぎまとぼんじり。いい塩梅で塩気が効いていてこの地点でどちらも美味しいのですが、風まかせさんでは串焼きに「特製の味噌」が付いてきて、それをつけるとさらに美味しくいただけるのです…が、申し訳ないのですがその特製の味噌を完全に撮り忘れております笑。味噌、ごま、ニンニクと色々な香辛料で調合したオリジナルの黒っぽい付け味噌は是非風まかせさんに訪問し、ご自身の目と舌でお確かめ下さい本当に美味しいので笑

 

 

正肉と砂肝。やはりどちらもいい塩梅の塩気でおいしい。砂肝もきちんと丁寧に処理されていて歯に残るような筋が一切ありません。アテが美味しくてお酒が進むのでボトルを入れることに笑

 

 

風まかせさん特製のタレをまとったつくね。かずくんはこのお店で作業が終わるとよく焼き鳥丼を出してもらってそれが美味しいんだなんて行ってましたが、このタレならすごいご飯がすすむでしょうな。ちなみに夜の部のメニューには載っていませんが、焼き鳥丼にしてって注文すれば作ってくれるそうです。お酒を飲まない人やお子様でも安心して焼き鳥が楽しめますね。

 

 

ほっぺ。豚の頬肉を串打ちして焼いたものですが、うちのほっぺは一味違うんですよ!なんてご主人が言っていたけど、たしかにむちむちっとしていて臭みなく美味しくいただけました。ほっぺって美味しいけど妙に臭みを感じる場合があるのですが、こちらではそんな事はありませんでした。

 

 

焼きの合間に出していただいたホタルイカの「スルメ」。これもまぁザ・珍味って感じで最高に美味しいんですよ。イカのスルメというよりは「イカの塩辛のスルメ」って感じの味で、さらにお酒が進むんですよね。メニューに載っていない肴が出てくるお店はいいお店!笑

 

 

一通り焼き物と肴を楽しんで、最後に出していただいたのがこちらのナポリタン。ランチで提供されているパスタなのですが、作り方を見ていたら予め茹でておいたパスタをオリーブオイルで炒めて作る、まさに昔ながらのナポリタンなんですよ!湯で上げすぐのパスタで作るよりこっちの作り方の方がもちっとして絶対美味しいんですよね。ご主人にお伺いしたらやっぱり作り方にすごいこだわりがあると言っていました。

よく、喫茶店でナポリタンを注文するとこうやって作ったのが出てきたよなぁって懐かしい気分になりました。もちろんそんなこだわりのナポリタンですからまずいわけがないですよね。

それで、このナポリタンを食べながら気づいたのですが、このナポリタンが盛られているお皿。これに筆記体の文字で「Otafuku」って書いてあったんです。Otafukuってオタフクソースのおたふくだよなぁと思ってご主人に「お好み焼きも提供するんですか?」ってお聞きしたらそうではなくて、昔ご主人のお母さんがお好み焼き屋をやっていてその名残りのお皿なんだそうです。

パスタを提供する時にちょうどいいサイズの皿がないかなぁって自宅を探していたら見つけて使っているみたいで、確かにパスタが盛られていてもなんの違和感もないですよね。なんでもオタフクソースさんってオタフクソースを使うとこのような備品を提供してくれるんだそうです。でも、業務用ならともかく一般家庭ではこのお皿は珍しいですよね。それで、かっこいいお皿だなぁいいなぁって言ってたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

一枚貰ってしまった笑

 

いいよー1枚あげるよーなんてご主人に言われてさくっと貰ってしまいました…まじか、いいのだろうか…でもこのお皿絶妙にかっこよくないですか?横文字でおたふくって書いてあって、ちゃんとおかめさんのイラストもある。すみませんご主人ありがとうございました大切に使わせていただきます笑

 

そんなわけで本日は松島町手樽にある古民家カフェ風まかせさんの紹介でした。仙台からだとふらっとドライブして訪れるには丁度いい距離ですし、ナポリタンを始めとして食べ物にすごいこだわって作られているお店なので、このお店のためだけに松島に(泊まりに)行くのも全然ありだと思います。ただし、オタフクの皿は貰えないと思いますこれは近所のかずくんのおかげですな笑

店内も広く、席もカウンターだけでではなくテーブル席もありますのでお子様連れでも安心して食事を楽しむことができるでしょう。かずくん素敵なお店に連れて行ってくれてありがとう、また乗せていって下さい笑

 

 

風まかせ
宮城県宮城郡松島町手樽30-1
営業時間 ランチ11:00-15:00 ディナー17:00-22:00
定休日 木曜日
電話番号 022-702-7766

※新型コロナウイルスの影響で営業時間・定休日等変更になっている場合がありますので、訪問の際はお電話にてご確認下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。