カーポートの屋根を貼る

 

いつぞやの強風で全部ぶっ飛ばされたカーポートの屋根を、本日やっとこさ予定がついた近所のかずくんと共に貼りました。とは言ってもわたしは屋根材を押さえるくらいしかできないけども。

 

 

 

お買い物はいつもお世話になっているビバホームさんで。長いモノを購入したので2トントラックを借りたのですが、ミッションが思いっきりオートマ(AT)でびっくり。何気にオートマトラックは初めて運転しました。もちろんディーゼル車だけどかなりグイグイと加速するトラックに最近の技術を目の当たりにした気分となりましたわ…

 

 

 

カーポートの屋根材はポリカ波材をセレクト。ポリカとはポリカーボネートの略で、ポリカーボネートは、熱可塑性プラスチックの一種でアクリル樹脂などと共に有機ガラスとも呼ばれています。比較的安価で柔軟性もあり、何よりも強度が従来の波板よりあるので、弊社オリジナル商品の「チキントラクター」でもお客様のご希望によっては使用していたりします。

カーポートの屋根貼り作業自体はわりかし単調で、ポリカ波材を上に載せ両端をカーポートの金属にひっかけて、インパクトで穴を開けて波板取り付け用のフックで止めていきます。今回フックはポリカ波材に合わせてポリカフックを使用しました。

 

 

 

 

波板を10枚ほど貼るのにおよそ4時間ほどの作業となりました。単調だけどすっごい時間がかかります。おまけに本日は寒いし強風も吹いていたので余計時間がかかった感じですな。

これ、近所のかずくんが大工さんだからできただけでDIYで挑戦するのは結構骨が折れると思います。ただ、材料とインパクトと大きめの脚立があれば誰でもできるんじゃない?と、かずくんは言っていたけどわたしは自信ありませんわ笑

 

と、いう普通の日記記事なのですが、実はこれかずくんの運転する車の中で書いたんですよね。屋根貼りは明るいうちに終わったのですが、その後献血に行った後にわたしはかずくんに拉致されたのです。その様子は後日記事に致します…やっぱりスマホでサイト更新はきついですねぁまぁ慣れなんだろうけども…

カーポートの屋根を貼る” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。