男飯 第18話

 

昨日、きのこの話題の記事を出したら久々にリクエストをいただきまして。そのものずばり「簡単なきのこ料理を教えて」と言われましたので本日はきのこ料理を作っていきたいと思います。

ただ、きのこと言っても簡単にその辺のスーパーにて手に入るものでも結構種類があるじゃないですか。なので、どのきのこがいいの?と聞いたら、

 

なんでもいい

 

って言われるわけです。なるほど…それならば…

 

 

 

 

 

 

全部載せだ!笑

 

・いろいろきのこの白ワイン蒸し

・材料
きのこ…食べたいだけ(今回はしいたけ、エリンギ、えのき、マイタケ、ぶなしめじ)
玉ねぎ…一玉
にんにく…ひと粒(めんどくさかったらチューブにんにくでも可)
白ワイン…200ccもあれば
塩…小さじ2程度
コンソメ…ふたかけ(顆粒なら小さじ4くらい)
バター…ひとかけ
マジックソルト…大さじ2
水…200cc
乾燥パセリ…お好み
おばあちゃんのアレ…お好みで笑

 

蒸しというか煮浸しみたいになるんですが、白ワイン蒸しって言ったらなんかかっこいいので採用しました笑。ちなみに簡単なってことだったので今回の料理はコンロを使いません。全てレンジ調理をします。というか横着ご飯が男飯ですからね笑

例によっておばあちゃんのアレはお好みで使ってください。なくても美味しいですけど。おばあちゃんのあれが何かわからない方は下記のリンクからご確認ください笑

 

 

男飯 第1話

 

 

・作り方

①まず玉ねぎをスライサーなどを使いスライスにして水にさらしておく。にんにくは包丁の横で潰してみじん切りにしておく。ニンニクがめんどくさかったらチューブで全然いいですよ。

 

 

②きのこの準備、石づき(根っこみたいな部分)があるきのこは切り離す。食べやすいサイズに全部カットをしたら耐熱の容器に盛って上から白ワインを100ccくらいふりかける。モリモリだけどレンチンすればしぼむので大丈夫。今回のこの量だと大体6分くらいチンするといいですね。レンジを外から見ていてしぼんでいったらいい感じに火が通ったって事です。目安にして下さい。

 

 

 

③きのこをレンチンしている間に水にさらした玉ねぎの水を切りタッパに敷いておく。玉ねぎにはきのことソースの粗熱で火を入れます。そうすると玉ねぎのシャキシャキが残って美味しいんですよね。

 

 

 

④レンチンが終わってしぼんだきのこを玉ねぎの上に敷くように置いていきます。レンチンした容器にはきのこのダシが溜まっているのでそこに水200cc、白ワイン100cc、みじん切りにしたにんにく、塩小さじ2を入れてまた3分ほどラップをしないでレンチンします。

 

 

 

⑤ソースのレンチンが終わったら熱いうちにバターひとかけ、マジックソルト大さじ2、お好みでおばあちゃんのアレをドバッと入れます。なくてもいいです笑。入れ終わったらよーく混ぜ混ぜします。固形コンソメしか売っていなかったので仕方なく使いましたが顆粒のが楽ですわ。

 

 

 

⑥ソースの混ぜ混ぜが終わったらきのこのタッパに全部かけて混ぜ混ぜ。馴染むまで5分くらい置いたら完成です。温め直しても冷たいままでも美味しい料理なのでいろいろ試してみてください。

 

 

 

⑦器に盛り付けたら最後にお好みで乾燥パセリを振りかけたらそのままパスタの具に使っても美味しいいろいろきのこの白ワイン蒸しの完成です。味付けはシンプルですがきのこからすごい旨味が出ていてめっちゃ美味しいですよ。

 

と、いうわけで簡単なきのこ料理でした。冷たくても美味しいので冷蔵庫で常備菜としても使えるし、弁当のおかずにもいいですよ。

その昔わたしがきのこ料理食べたいけどめんどくさいなーって時に適当にカットして白ワインとコンソメをぶっかけてレンチンしたのが事の発端だったのですが、それだけでも美味しいきのこを更にわたし好みに仕上げた料理です。ご飯のおかずにも酒のアテにもなりますし、どう考えても低カロリー料理なのでダイエットのお供にもいいと思いますよ笑。バター?気にしない気にしない笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。