チキントラクターの効果

チキントラクターとは車輪の付いている「移動式鶏小屋」の事を言い、毎日少しずつチキントラクターを移動させることで自然の草刈り機として機能いたします。

メイン事業が総合保険業とWeb制作系の弊社でこのチキントラクターの取扱があるのは単純に作って欲しいと言われたからです。「一人知ってると便利なタイプ」の会社を目指しているので、雑務でもなんでもご相談いただければ取り扱いのある会社を紹介したり職人さんにお願いする事ができます。

 

企画営業代行と事業内容に記載してありますが、つまりは需要と供給の間に入って仲介し、双方に満足いただければいいと考えています。チキントラクター販売もその一環ですね。

 

そんなチキントラクターを置いていただいた畑で、本日からチキントラクターが可動するということだったので観察させてもらいにいってきました。

 

 

 

雑草の生い茂ったチキントラクターの効果を見るには好条件の畑。チキントラクターの詳しい解説は弊社チキントラクター販売の記事を見ていただくとして、一日に何回もチキントラクターに出向いて観察しところどころ考えさせられることがありました。

 

まずはチキントラクターの要である除草作業に関して。今回、1,200mm×1,200mmの5匹用チキントラクターにもうすでに卵を産むニワトリを3羽入っています。前日の夜にチキントラクターに入れていたのですが、

 

 

 

午前9時頃の写真。すでに雑草を突っついたような跡はありましたが、まだまだ生えています。

 

 

夕方、午後4時頃の写真。あっという間に雑草がなくなりました。チキントラクターの高い除草性能が伺えます。ここまで地面を突っついてくれるなら700mm×700mmくらいの大きさで1羽用チキントラクターでも十分効果が見込めますね。除草効果、ニワトリのフンによる土への栄養素の追加は確認できました。ニワトリだって食べればそりゃフンが出ますからね。いい感じに土にフンが合わさっていました。

 

しかしながら気づいた問題点もあります。止まり木と2階部分にニワトリが行く様子がありません。しばらく観察していたのですが登らず。ニワトリは臆病で外敵から身を護るために上に上に行く習性があるので、止まり木と2階部分を用意したのですが、暗くなってくると下のスペースで丸くなって寝てしまいました。(追記・慣れてきたらニワトリが上に登っていました)

 

調べてみると、外敵に襲われる心配がないといった、そういう危険を感じる習慣がなく育ったニワトリは上に上がったり止まり木に止まったりしないこともあるようです…なるほど、中に入るニワトリによってはチキントラクターの構造を変える必要があるわけですね。ある程度安全な場所で大きくなった種鶏(しゅけい)や親鶏をチキントラクターに入れるときは、スロープと止まり木、2階部分はなくてもいいと思います。

 

と、言うわけで夜になりニワトリが動かなくなったところで止まり木を外して下のスペースを広くし、2階部分は荷物置き場として利用することにしました。この柔軟さはオーダーメイドの利点です。素早く対応できます。

 

そして、雑草があらかたきれいに片付いたのでチキントラクターを移動させることに。移動できるのが利点ですからね。そこでまた問題を確認。移動用の車輪がついているのですが、雑草の上を走らせるにはベニヤ板とかコンパネとか、平らな板がないとかなり力任せになってしまいます。

底面の網はゆるく貼っているのでニワトリが足を挟めることはありませんでしたが、除草目的である以上雑草の多いところにチキントラクターを移動したい、でも雑草が深いと車輪がうまく可動しないといった感じです。

 

平らな板をしけばいいのですが、平らな板を収納する部分もチキントラクターに設けたいですね。2階部分をなくし、高さを抑えて軽くして車輪を大きくすれば荒れた土地でも走るだろうけど、外で使う以上あまり軽いと台風などで飛ばされる心配もあります。今回は平らな板を2階部分に収納しました。

 

 

 

今回、チキントラクターを観察させてもらった統括となりますが、チキントラクターの除草効果は申し分なし。チキントラクターの形状は中に入るニワトリや置き場によって変える。ニーズをよくお伺いしてその方の畑に見合ったチキントラクターを作るのが大事と改めて気付かされました。

学校の校庭のような砂場ならいまついている車輪だけで十分可動しますが、雑草の深い畑では車輪の大きさか、下に敷くものを準備しなければならない。開閉できるドアは2枚あってもいいですね。あとは単純に網の貼った四角いハコにして、ポリタンクに水を入れて重さを出す、なんて方法もありますね。

 

あまり今までニワトリに触れる機会がなかったので、まじまじと観察していたのですが、本当にメスのニワトリは鳴きませんね。コケコッコー!なんて絶対に言わない。クゥ~みたいに小さく唸るくらいです。そしてチキントラクターの中でバタバタと暴れることもないです。おとなしいんですねニワトリって。大人のニワトリだからすでに卵もポコポコ産んでいたし。あと、当たり前ですがニワトリは鳥目ですね。夜になると何も見えないのか丸くなっておとなしいです。

 

畑のように大きなスペースで5匹入るチキントラクター、なんてのもいいですが、観賞用と雑草処理を兼ねて一羽用のチキントラクターはご家庭での需要がありそうです。もうしばらくチキントラクターを経過観察させていただいて、創造と工夫の発展をしたいと思います。

 

チキントラクターに関しての質問、お問い合わせは下のリンクからお願い致します。

 

 

お問い合わせ

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

チキントラクターの効果” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。