2019年3月のラーメン

 

この記事では、毎日ほぼ何かしらのラーメンを食べているけどさっぱりこだわりのない上にちっともグルメじゃない管理人およが3月に食したラーメンをただただ紹介していきます。例によって山岡家は外してあります。ちなみに家で食べたカップ麺やチルド麺、冷凍麺と、その他に食べてみてあんまりにもアレだったラーメンは基本的に家ラーベスト以外は除外しております。

 

そんなわけでまずは3月のベスト・オブお家麺。

 

辛いよっ!

からすぎるカップ麺、蒙古タンメン中本の北極ブラック。通常の激辛味の北極にマー油を足した味です。とにかく辛いけど割と好きです。ただ、普通の中本のカップ麺でわたしは辛さは満足です。

中本のカップ麺って全部そうなんですけどお湯の目安と書かれている数字の1.5倍のお湯で5分煮込むとすごい美味しいデロデロ麺になるんです。カップ麺の利便性は全部無くなりますが納豆入れるより個人的には好きなので是非お試し下さい。と、いうことが言いたかったのでベスト・オブお家麺にこれを選びました笑

それにしても、中本とか辛辛魚とかぺヤング激辛とか食べていると子供の頃にファミコン通信で連載されていてよく読んでいた鈴木みそ先生のあんたっちゃぶるという漫画の健康診断の回で、お医者さんがエスニックブームだか知らんけど激辛料理を好んで食べていると年取ってから何の味も分からなくなるってシーンが頭の中にでてきてしまいます。わかっちゃいるけどやめられない…

 

 

天下一品「こむらさき」

全国展開する天下一品ラーメンですが、仙台の天下一品はこむらさきと言って他の天下一品とはいろいろ違います。なんでそうなのかというのはラーメンマニアの方が結構ほんきで解説しているのがネットで見受けられますのでそちらをみていただくとして、具体的に他の天下一品と違う部分の例を上げると、

値段・天下一品はお店によって値段が違いますが2019年現在、通常こってりラーメン700円前後、大盛が800円前後に対しこむらさきはこってりラーメン850円、大盛1050円と強気な値段設定。

麺・天下一品は通常中太のストレート麺ですがこむらさきは地元の製麺所、千鳥屋(ちどりや)製麺所のちぢれ細麺を使っています。わたしはこのちぢれ麺に慣れているので他の県の天下一品ではやや違和感を感じます。

セットメニュー・天下一品は唐揚げセットやチャーハンセットなんてオトクなセットメニューがありますがこむらさきにはありません。チャーハン単品もありません。

オリジナルメニュー・こむらさきには土鍋にチーズをトッピングしたこってりラーメンや量の少ないスリム、冷やしラーメンや和だしラーメンなんかがあります。かわりにあっさりラーメンがありません。あとスープも他の天下一品より濃厚な気がします。麺とは違いスープは天下一品のセントラルキッチンから送られてきてるはずですが、他の店舗より濃厚に感じるんです。なんでだろう…

このように、天下一品と天下一品こむらさきは似ているようで全然別物です。わたしも他県の天下一品に行ってその別物加減にびっくりしました。セットはお得だけどラーメンが似ているようで全然違うもの…写真のラーメンはこってりラーメン大盛1050円、枡ネギ100円、ノリ50円と価格で言えば他の天下一品ラーメンでは考えられないくらい高いですけど、よくスープが絡むちぢれ麺を含め、味はすごい満足できます。

ちょっと変わった天下一品が食べてみたいという人は仙台の中心部にもお店がありますので旅行ついでに訪問してみてはいかがでしょうか?土鍋チーズはこってり好きは抑えておいて欲しい一品ですね。わたしは熱すぎて割と苦手ですが笑

 

 

ラーメン消費量日本一の、宮城の隣の県である山形県ではよく見かける冷たい鳥中華。それを仙台でも味わえる焔藏の冷たい鳥中華です。もともと山形の日本蕎麦屋さんですが、このお店に行くとどうしてもこの冷たい鳥中華を頼んでしまいます。

細縮れ麺に、冷たいのにコクのあるスープがわたしはすごい好きです。ネギが山盛りなところもいいですね笑

山形県新庄市には冷たいラーメンは冷たいラーメンでも「冷たい味噌納豆ラーメン」なるものがあるらしいので食べに行きたいのですがいかんせん遠いので行けてないです笑。距離は違いますが東京行くほうが時間がかからないのだもの笑

 

 

麻婆豆腐が有名な宮城県塩竈市の中華屋さん「三島屋」の仙台味噌麻婆ラーメン。最近宮城県では「まんみ」が発祥の麻婆焼きそばが秘密のケンミンSHOWで取り上げられてから麻婆がかかった麺類が色々なところで見かけるようになりましたが、そのたぐいの中でわたしはこの三島屋さんの仙台味噌麻婆ラーメンがダントツで好きです。ちなみにまんみではもやしラーメンしか食べません笑

このラーメン、花山椒がガツンと効いた麻婆餡とさっぱりとした味噌スープが抜群に合い気がつくと食べ終わっています。車じゃないとたどり着くのはなかなか難しい立地ですが麻婆がかかったラーメンが好きな人に是非一度は食して欲しい一品。

 

 

うちからわりかし近所にある東海龍飯店の半チャーセット。ラーメンと半チャーハンで600円ですが100円追加するとどちらかが大盛りにできます。200円追加すると両方大盛りにできます。半チャーハン大盛というパワーワード、大好きです笑

この写真のラーメンは塩ラーメンですが、この塩ラーメンが今は亡き東北大学病院近くにあった台湾料理店「香菜(シャンツァイ)」のラーメンに似ていてさっぱりして好きです。よく高菜ラーメンを食べてたっけなー…炒めた高菜をトッピングできないかなー…

このお店、全体的に薄味なので濃い味が好きな人はあまり好きじゃないかもしれませんが堅揚げ焼きそばが爆盛だったり激辛麻婆豆腐が冷や汗をかくくらい激辛だったりする楽しい中華屋さんです。ニラ肉定食もおすすめ。

袋原グルメガイドとか作るんだったらまず間違いなく掲載させていただきますよ笑

 

 

どさん子ラーメンと言えば、郊外のロードサイドにちょこちょこあって、そんなに綺麗じゃない店舗でグダグダの漫画をよみながら味噌ラーメンをすする、色んなものが昔ながらの感じが良かったのですが最近は小奇麗などさんこラーメンが増えていますよね。そんな小奇麗になったどさん子ラーメンに行ってみたら、味噌ラーメンが赤とか白とか金とか昔ながらとか、味噌ラーメンだけで沢山の種類がありました…

店員さんにいろいろ聞いて、とりあえず山椒が効いているという赤を頼んでみました。極太麺に濃厚な味噌スープ、それに山椒がバッチリ効いていて美味しかったです。が、店内にマンガ本はありませんでした…それもなんとなく寂しいかなぁ…

周りのお客さんの注文をみていると結構ラーメンじゃなくて生姜焼きとか定食を頼んで食べてるんですよね、マンガ本があってダラダラお昼休憩が取れる店って少なくなったもんなぁ。全部が全部そんな店じゃなくてもいいけど、どさん子ラーメンはそういうお店であってもいいよなーって思いました。

 

 

今月の優勝軒。相変わらず富士ラーメン醤油味(790円)と、サービス券で貰えるミニ明太子ご飯は満足度が高いです。ガツンと食べて夕飯抜きが非常にコスパが良い笑

 

で、これで3月お外で食べたラーメンの写メが終わりなんです。なんか少ないなぁって思って、ふと弾いていた山岡家の写メを数えたら3月は9回訪問していました。前にも書いているんですが、うちから一番近い山岡家でだいたい40分位車でかかるんです。近所にあったらほんと毎日通ってしまうだろうなぁ…

 

そんなわけで、先月の記事に3月は色々なラーメンを食べたいと言っていたけど結局いつもと同じラーメンばっかり食べていたおよでした笑

4月こそは、4月こそは色々なラーメンを食べていきたいと思います笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

2019年3月のラーメン” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。