BOOKOFFオールドゲームコーナーの魅力スーパーファミコン編

BOOKOFFオールドゲームコーナーの魅力

以前書いたこの記事におかげさまで沢山のアクセスがありました。みんなレトロゲームに興味があるんだなぁと思ったので本日は上記の記事の続編を書いてみました。

前回の記事を簡単に振り返ると、レトロゲームを購入する場合、以前はネットで買うより店舗で買った方が安かったけど今は店舗もネット(駿河屋さん)の値段を調べて価格をつけていたりするのでネットと店舗の差が無くなりつつある…どころか、欲しいものが確実に買えるネットの方が便利になってきている。

しかし、その基準価格となっている駿河屋さんとはまた違った価格をゲームソフト付ける店舗があって、それがBOOKOFF(ブックオフ)というお話でした。

そんなわけで本日は「BOOKOFFでお宝探しをするとこうなる」って記事のスーパーファミコン版です。わたしはレトロゲームしか買わないけど本やCDでも同じくらいお得なことができると思います。例としてつい最近BOOKOFFで購入したスーパーファミコンソフトをご紹介します。スーパーファミコンソフトはカートリッジの側がほとんどみんな同じ形状なので意外と探すと面白いものがあったりするんですよね。

 

 

美少女戦士セーラームーンR
BOOKOFF価格:990円
駿河屋参考価格:1430円

 

美少女戦士セーラームーンS 場外乱闘⁉主役争奪戦
BOOKOFF価格:990円
駿河屋参考価格:1150円

最初に紹介するのはかなり有名な少女漫画作品セーラームーンのゲームソフト、RがファイナルファイトみたいなベルトスクロールアクションゲームでSがストリートファイターⅡのような1対1の対戦格闘ゲームとなっています。セーラームーンのスーファミゲームって結構ちゃんと面白いんですよね。とはいってもこの2つ、相場より少し安いくらいですがなぜこれを最初に紹介したのかというと…

 

美少女戦士セーラームーンSS ふわふわパニック
BOOKOFF価格:550円
駿河屋参考価格:1800円

と、同じセーラームーンのゲームでカセットラベルはどれも似たような見た目ですが、キチンと調べると実は結構セーラームーンのゲームには価格差があるけど、BOOKOFFではこのようにたまに安く売られていたりするんですよね。セーラームーンのゲームで「美少女戦士セーラームーンS 今度はパズルでお仕置きよ」というソフトがひときわ中古相場では安いのですがそれとこのふわふわパニックを間違ったのかなぁと思えるくらい安かったです。

ちなみに逆に一番高額なセーラームーンのスーパーファミコンソフトは「美少女戦士セーラームーンSuperS 全員参加‼主役争奪戦」というタイトルです。根気よくBOOKOFFを巡ったら発見できそうな気がしますね…なんせラベルがやっぱり似てますので…

 

 

戦国伝承
BOOKOFF価格:990円
駿河屋参考価格:2600円

横スクロールアクションゲームでNEOGEOからの移植作品ですがスーパーファミコン版は結構内容が違っているようで、中古相場もちょっとお高めな戦国伝承。NEOGEO版はNintendoSwitchやPS4で遊べるのですがスーパーファミコン版は他に移植されていないからかの値段なんですかね。

これを購入して値札を剥がそうとしたときに、あ、これ記事になるな…と思い立ったのでこんな半端な値札となってしまったことを予めご了承ください笑。ちなみに肝心のゲーム内容は…オリジナルが好きな人もこれから遊んでみたい人もNEOGEO版で遊ぶことを強くお勧めします笑。個人的にはスーファミ版のこれよりセーラームーンRの方が面白いかな…

 

 

トルネコの大冒険
BOOKOFF価格:110円
駿河屋参考価格:1360円

トルネコの大冒険を2622番目にクリアした男

個人的にとても思い入れが深いトルネコの大冒険。「ローグライク」というゲームシステムを世間一般に浸透させたゲームです。で、そんなトルネコの大冒険…確かに若干汚かったけど110円の値札が付いていたので思わず購入してきてしまいました。

試しにアルコールをかけてこすってみたら黒いのが取れたので根気強く磨けばもっと綺麗になる感じがしました。時間があるときに磨いてみようと思います。ちなみにもしかして故障しているのかなと思いつつ起動確認したらちゃんと動きました。端子は汚れていましたが…

 

 

ミスティックアーク
BOOKOFF価格:510円
駿河屋参考価格:2580円

ミスティックアークは1995年にエニックス(現・スクウェアエニックス)から発売されたロールプレイングゲーム。スーパーファミコン後期の作品で、子供だけが存在する世界をヘンテコな術により人形にされ、謎の神殿へと連れ去られた主人公が元の世界に戻るためアーク(精霊的なもの)を捜すという内容のゲーム。

その独特な世界観が評価されマイナーがゲームでありつつもコアなファンがいるんですよ。他に移植されていないし続編はプレイステーションで出てるけど別物なのでなかなか中古相場が下がらないソフトだけど…BOOKOFFはこんな価格で売っているのがやっぱり素敵笑

このゲームのエンディングは今でも語られるくらい強烈な印象を残すものとなっています。スーファミのロールプレイングゲームが好きでまだ遊んだことのない方はぜひ触ってみてほしい作品です。

 

カブキロックス
BOOKOFF価格:290円
駿河屋参考価格:2210円

カブキロックスはアトラスから販売されたロールプレイングゲーム。カブキロックスというバンドもいますがそちらとは無関係だったりします。開発に魔神英雄伝ワタルやサクラ大戦に関わったレッドカンパニーが携わっています。

江戸をテーマにしたロールプレイングでシステムに結構目新しさがありましたが、うすら寒いおやじギャグのような駄洒落が満載だったり展開が結構勢いがありすぎたりでヒトを選ぶ出来となっています。バカゲーというか、ちょっと変わったゲームが好きな人向けですね。それにしてもこれが290円って安いよなぁさすがBOOKOFF…

 

パロディウスだ!ー神話からお笑いへー
BOOKOFF価格:990円
駿河屋参考価格:2040円

パロディウスだ!の副題が「神話からお笑いへ」なのは同じコナミのシューティングゲームグラディウスⅢの副題が「伝説から神話へ」だったからなのは割と有名な話ですね。MSXの「パロディウス」をパワーアップさせてアーケードで登場したのがパロディウスだ!で、スーパーファミコン版はそのアーケード版の移植となります。

極上パロディウスとセクシーパロディウスはかなりやり込んだのにこのパロディウスだ!はわたしはいまいち好きじゃないのは2面にちちびんたリカが登場するから。ゲームの最初の方にああいうテンポの悪い演出は好きじゃないんですよね後半面なら耐えられるけども。ついでに言うとクリアした時に「パロディウス音頭」が流れるファミコン版の方が好きだったり…面白いし音楽もいいんですがねぇパロディウスだ!…ちちびんたリカの所だけカットしたい笑

 

と、言うわけでBOOKOFFのオールドゲームコーナーの魅力をまた皆様にお伝えしたかった記事でした。最初に書いた通り欲しいソフトが明確に決まっている場合はネット通販のが有利なんだけど、BOOKOFFはお宝探しができてしまうので、古いゲームに興味があるという人は覗いてみると楽しいですよ。

ちなみに他にも竜虎の拳2とトイストーリー等々990円でネット価格より安く購入したスーパーファミコンソフトがあったのですが…値段を剥がしてしまったのでボツにしました。値札が貼ってないと面白くないですよね笑

ちなみにBOOKOFFで売られているカセットは結構端子が汚れていることが多いので、無水アルコールや接点復活剤を準備して遊ぶ前に端子を磨いてあげた方がいいですよ。中には恐ろしいくらい真っ黒なカセットがあったりしますので…

※記事に出ている参考価格は2022年6月のもので、将来的に変わっている場合があります。

 

当サイトの他のレトロゲーム記事はこちらからどうぞ

https://ozfare.com/category/%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/

 

BOOKOFFオールドゲームコーナーの魅力スーパーファミコン編” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。