大衆食堂かわぐち(仙台市太白区)

「大衆食堂」と屋号についているけどのれんのメニューを見た感じはどう考えても中華屋なお店である大衆食堂かわぐちさん(以下敬称略)が先月末にオープンしまして、わりかし近所なのでゴールデンウィーク中暇していた親父を誘って行ってみました。

仙台駅西口の複合商業施設EDEN内にある「餃子STANDカワグチ」や「先代きよゑ食堂」という居酒屋の系列店だそうです。

 

メニュー150種類以上と書かれていますが看板に書かれたメニューはやっぱり中華屋のそれ。というか後で調べたらやっぱり「町中華」がメインのお店だそうです。

 

愛想のいいお姉さんに席に通される。このテナント、以前は村さ来という居酒屋だったのだけれどもそのレイアウトをほとんどそのまま利用しているからか座席は結構ゆったり目でいいですね。カウンターテーブルもあるので一人でも訪問しやすいです。

注文はタッチパネルで行うのですが昼間だからか店員さんが聞きに来てくれました。

 

メニューを見ると表の看板にある通りやはりほとんどが中華屋メニューだけど中にはフライドポテトやしめ鯖といった居酒屋チックなメニューもありました。で、飲み放題のメニューを見ると…料理6品付きで90分飲み放題なのがやたらお得に感じました。結構いろいろ選べるし。

 

なんでも5月8日までは生ビールとハイボール、餃子全品が半額みたいなのでとりあえずわたしはメニューにあったらどこの中華屋でも頼んでしまう「もやしラーメン」と焼き餃子、紅しょうが餃子をオーダー。待つこと数分。

 

出てきたもやしラーメンがこちら。細ストレート麺で味は意外や意外の超あっさり。中華屋さんって基本的に濃い味なことが多いと思うのですがすごくあっさりとしたスープでした。炒めてあるもやしもかなりの薄味。無味ではないけど想像と違ったのでちょっとびっくりしました。

メニューを見ると麻婆メンとか五目あんかけラーメンとか、どかっと上に具材がのっかるラーメンが結構いたのでベースのスープは薄めにしているんでしょう。親父が注文して食べていたレバニラ定食をちょいと失敬していただいたらしっかりと味付けされてましたので、やっぱりラーメンのスープは汎用性があるように作っているんだろうなぁと思いました。

 

手前が紅しょうが餃子で奥が焼き餃子。紅しょうが餃子はしっかりと餡に紅しょうがが練りこまれていて面白い味がしました。紅しょうがが好きな人は結構好みだと思います。一方焼き餃子はラーメンのスープと同じくやっぱり餡が薄めの味付けでした。普段わたしは酢と胡椒で餃子を頂いたりするけどこの餃子だとちょっと物足りないかもしれません。

このお店、ラーメンと同じく餃子にもいろいろ種類があるのでベースの餡は中に何か練りこむことを想定しての薄味なんじゃないですかね。ただし餃子は卓上に餃子のタレがあるのでそれにつけて食せばしっかりと味がしますね。

というか、適当にお酒を飲んで中華料理を楽しんだ後だったら、このやさしいもやしラーメンは〆にピッタリな気がしました。個人的には町中華というよりは中華居酒屋のイメージです。長町なのに無料駐車場が店の裏にあるのもいいですね。

長町にはこういう飲み放題のある中華居酒屋が無かったし、結構夜遅くまで営業しているのでこれから重宝しそうですな。

 

大衆食堂かわぐち
仙台市太白区長町3-3-10
営業時間 11:00-24:00

 

大衆食堂かわぐち公式Instagramアカウント

https://www.instagram.com/gyozastand_kawaguti/

 

当サイトの他のラーメン記事

https://ozfare.com/category/%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3/

大衆食堂かわぐち(仙台市太白区)” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: 2022年5月のラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。