バンダイカードダスvsアマダPPカード

最近、趣味部屋の物が増えすぎていい加減片付けないといけないと思いラックを買ってきて整理整頓していたんです。すると棚の奥の方からこんな物を発見しました。

 

 

これ。

わたしと同じくらいの年代の人ならすぐピンと来ると思いますが、これは…

 

 

 

いわゆるカードダスですね。カードダスは、バンダイのトレーディングカード、またはそれを販売する自動販売機の総称。バンダイの登録商標で、名前は1988年当時話題になっていたアメダスにあやかり、子供の情報源を目指して命名されました。漫画やアニメ、ゲーム等のキャラクターを題材としているのが特徴で、出始めの頃はガンダムのカードダスが滅茶苦茶流行しました。

 

 

 

個人的には普通のガンダム(SDガンダム)のカードより上記にあった中世ファンタジーっぽいガンダムである「ナイトガンダム」のカードダスが好きでした。F91はおそらく普通のSDガンダムカードダスでわたしが持っている中では1番お高いんじゃないかな…他にも昔流行っていたカードダスには「ドラゴンボールZ」がありました。

 

 

 

ドラゴンボールZの方は特に集めていなかったけど、昔からフリーザ様は好きだったので確保していたようです笑。変身前の微妙な気持ち悪さと中尾隆聖さんのあの独特なボイスが相まり、そして初登場時の強さに絶望すら覚えたフリーザ様にすごい魅力を感じていましたわ。セルとか魔人ブウとか、そりゃ後の方で出てくる敵のが強いけどキャラクターとしては断然フリーザ様が好きです。もちろん部下としては働きたくないけどね、命が安い職場は嫌です笑

 

で、バンダイのカードダスはわたしが解説しなくても世の中に知れ渡っているカードなのは周知の通りだと思うのですが、このカードダスと同時期に販売されていたのがタイトルにもある「アマダのPPカード」なんですよ。

アマダ…株式会社あまだ(現・株式会社エンスカイPLUS)は天田印刷加工、エンスカイ、エトワールの3社を統括する持株会社。 2019年(令和元年)7月に「株式会社あまだ」から社名変更しました。そのうちの天田印刷加工が埼玉県草加市にあるキャラクターカードなどを中心とした印刷加工会社で、カードダスによく似たPPカードを製造していました。日本郵便と提携したキャラクター、著名タレントのポストカード、切手シートの製造も請け負っている、1956年創業の老舗企業なのです。

ちなみにPPカードの意味を調べても不思議と出てこないんですよね。一部のPPカードにはP・P・SYSTEMという型枠みたいなのにはめると隠れている数字が現れたりするんだけどそのP・P・SYSTEMより前からPPカードとして売られていたので、おそらくPPカードのPPとは「Poly Propylene(ポリプロピレン)」の略で、このポリプロピレンをカードに圧着させ表面の保護をしているからPPカードと言うんじゃないですかね。印刷物にはこのPP加工って結構されているみたいですので。違っていたらごめんなさい笑

 

 

 

こちらの悟空のカードがわたしが所持しているアマダのPPカード。バンダイのカードダスに比べてゲーム性のある感じだったのだけれども、アマダのPPカードって売っている場所が駄菓子屋とかさびれた商店とか、そんな場所が多くておもちゃ屋やスーパーの前で堂々と売られていたカードダスに比べるとなんかちょっと…もしかして偽物じゃないのか?なんて失礼なことを当時は思っていました。だってドラゴンボールのPPカードはかっこいいけども、

 

 

 

上段2枚がガンダムのPPカードなのですが、なんかちょっとアレなデザインですよねこれ笑、今にして思えばなかなか味のある絵だけども。ちなみにPPカードの裏にちゃんと©創通エージェンシー・サンライズと書かれているので公式のライセンス商品です。ちなみに右下のクリリンもPPカードです。アマダのドラゴンボールに対する熱意を感じます笑

と、言うわけで本日はバンダイのカードダスと同時期に販売されていたアマダのPPカードのご紹介でした。駄菓子屋で売っていたのはPPカードだったのですが、結構この区別がついていない人がいるんじゃないかなぁと思って記事にしてみました。そんなわたしも大人になるまで全部カードダスでひとくくりにしていたという笑

カードダスは今でも普通に販売されていますが、アマダPPカードもエンスカイ・ドラゴンボールカードシリーズとして今でも売られています。カードダスもエンスカイ・ドラゴンボールカードシリーズも今遊んでいる子どもからしたら30年以上の歴史ある商品だとは思わないだろうなぁ…

 

カードダスドットコム公式サイト

エンスカイ・ドラゴンボールシリーズ公式サイト

 

 

 

 

余談ですが、うちには未開封のアマダPPカード「少女革命ウテナ」があったりします。こんな感じでぷらーんと駄菓子屋でぶら下がって売られていたのがアマダPPカードなのですよ。最近は流石に見かけませんよね…懐かしいなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。