Ever17

Ever17 -the out of infinity-は、2002年8月29日にKIDよりドリームキャストとプレイステーション2で発売された恋愛アドベンチャーゲーム。内容はSFアドベンチャーであり、公式サイトでは「シナリオに仕掛けられた謎の全貌を解き明かすことがゲームの目的」という旨のゲーム紹介がある。

 

このゲーム、平たく言うと深海に伸びている閉鎖的な水族館に閉じ込められて脱出する話なのだが、脱出するに当たって女の子と色々あって恋に落ちる…ってのはすべて「フリ」みたいな感じなのである。ストーリーは少年と大人の2つの視点から進めることができるのだが、なぜ2つの視点で進められるのか解った時に、

 

 

まじかよ

 

 

ってなる。シナリオに仕掛けられた謎の全貌を解き明かすことがゲームの目的なんて公式が大きくハードルを上げている気がするけど、例えるなら「タイムリープものを初めて見たときよりも衝撃」が個人的にはあったのです。

タイムリープものとは、文字通り時間を遡って自分に与えられた使命を乗り越えていく話なんだけど、人は初めて見たタイムリープものが一番面白いな-って思うんですよね。「シュタインズ・ゲート」が初めてならそれが一番好きだし、「魔法少女まどかマギカ」が初めてならそれが一番好きだし、普段アニメなんか見ないよって人でも「君の名は」は観て面白かったって人もいるし。

 

タイムリープものの作品は結構それなりに沢山あってどれも面白いのですが、Ever17の手法は他では見ないですね。詳しく書いてしまうとネタバレになってしまい魅力が半減してしまうと思うので多くは語らないようにしますが、わたしがこういうアドベンチャーゲームで一番面白いのは?と、聞かれたらEver17と間違いなく答えます。また、記憶を消してもう一度楽しみたい話がありますか?と、聞かれてもEver17と答えますね。

 

Ever17は恋愛アドベンチャーゲームとなっていますが、基本的には「弟切草」や「かまいたちの夜」に代表するサウンドノベルゲームと流れは変わらないです。つまり小説のように文字を読んでいって、時折現れる「選択肢」にどう答えるかで話が変わっていくマルチエンディングのゲームで、解決編に至るまでは正直???ってお話が多々あるのですが、それらが最後に全部つながってまじかよってなるゲームはEver17が一番印象に残っています。

 

最後の解決編まではちょっとめんどくさいけど、そこにたどり着いたらタイムリープもの以上に衝撃を受けますからね、シナリオに没頭したいなって人にはおすすめです。ただ、このゲームの一番の難点が、古いゲームだからか、

 

売ってない

 

んですよね。ハードはドリームキャスト版、プレイステーション2版、XBOX360版、PSP版、Windows版、ios・Android版(スマホ版)といろんな種類があり、わたしはスマホ版を持っていたのにiosのバージョンアップと共にいつの間にかスマホから消えていました。買取型アプリでお金を払っているのになくなるとはどういうことなのかと思うのですが…って事で他のハードのEver17を探すことに。

 

ただ、ドリームキャスト版は本体も買わないといけないしWindows版はプレミア価格になっているから、できればプレイステーション2版、XBOX360版、PSP版で探していたんです。

 

 

5年くらい笑

 

ちなみに、ネット通販をすればすぐ買うことができるんですがま-高い!どのハードのEver17も18年前のゲームでなんでこんなに高いのってくらい高い。唯一プレイステーション2の廉価版が数が出ているからかそれなりに安く買えるんですがそれでもそこそこするんですよね。

 

で、わたしは昔プレイステーション2でもスマホ版でもクリアしているので、また欲しいなとは思いつつも、通販サイトで買うまではしたくなかったので、どこかでばったりと出会ったら買おうって心に決めていたんです。そしたらまーーーー売ってない。わたしって結構な頻度でゲームを売っているお店に行っているとは思うのですが、全然見かけなかったんです。

 

まぁ売ってないならしゃーないなぁとは思っていたのですが、心のどこかにはEver17の事が残っていてゲームが売っているお店に行く度に一応確認していたんですよ。そんなことを繰り返していた結果、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと売っていました笑

 

お値段1000円ちょいだったのでお値打ち品でした。時間があれば没頭してプレイしたいんですが、なかなか解決編に行くまでは時間がかかるのと最近そんな暇じゃないんですよね…攻略サイトを見ながらプレイするのもなんとなく嫌だしなぁ。

 

そんなわけでこのEver17、ストーリーを楽しみたい人は是非プレイしてみて下さい。このゲームを紹介しているサイトは多々ありますが、後半のネタバレに執拗に本当に見るんですか?と警告が出ているサイトがほとんどなのが、このゲームが愛されている証拠ではないでしょうか。説明もしづらいと思うけども笑

 

本当に欲しいものはさっさとネット通販に頼ったほうがいいなぁと改めて思ったおよでした笑

 

 

 

・追記

入手するの難しいなぁって思ってたら、

https://dlsoft.dmm.com/detail/images_0008/

DMMゲームズでWindows版がダウンロード販売されてました笑。まぁいいやプレイステーション2版買っちゃったし笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。