ステーキ宮る

マクドナルドがハッピーセットにこだわり、昔から他の企業より子供向け商品に力を入れていたのは徹底して「味の刷り込み」を行うためですよね。

日本マクドナルドの創業者、藤田 田(ふじた でん)さんが「人間は12歳まで食べてきたものを一生食べ続ける」と語っていた通りハッピーセットで子供への販売促進を促し、小さいときからハンバーガーと言えばマクドナルド、ポテトと言えばマクドナルドと舌に覚えてもらうことでその子供が大人になっても、そしてその大人に自分の子供が出来ても食事として選ばれるような作戦を徹底している、と、昔何かで読んだことがあります。

この、12歳という年齢はどこから出てくるのかはっきりとした元の情報はなかったけど、「食べ物の味を感じる舌の器官である味蕾(みらい)の数は12歳前後がピークで後は年令を重ねる毎に徐々に減少していく」からきているみたいですな。

 

以前書いた、

14歳のベクトル

 

この記事で音楽の好みは男性は14歳、女性はちょっとだけ早く13歳の時に決まるみたいな記事を載せたのですが、味覚も12歳で~となると中学生の頃にはもうすっかり人としての感性は完成されているんでしょうね。

 

と、いう前置きで、わたしはラーメン以外の食には大してこだわりはないのですが、子供の時から食べていたからかたまーに食べたくなるものがあるんです。それが、

 

 

 

ステーキ宮

タレ

 

ステーキ宮は栃木県発祥のステーキレストランで、主に東日本を中心に100店舗以上展開しているお店です。旧会社名は株式会社宮だけど現在は色んな事があってくっついたり吸収されたりして、現在はコロワイドグループの1ブランドとなっています。

それで、西日本の方には馴染みが薄いと思いますが、このステーキ宮の「タレ」を、たまにですが唐突に、そして無性に食べたくなるんです。通称「宮のタレ」。スーパーでもタレだけ売っているという、この宮のタレが魔物なんですよ。

ぱっと見大根おろし+醤油に見えますが、タレの中身はすりおろしたタマネギとリンゴとニンニクらしく、それに醤油と酢で味付けしたものだそうで。子供の頃からこの宮のタレに洗脳されているわたしは、ステーキを食べるときはこのタレじゃないとしっくりこない。いや、むしろこの宮のタレがかかっていれば肉の種類は問わないです。

それで、自粛もあけたし食べたかったので今日行ってきたのですが、この宮のタレをどういう塩梅で食すのかというと…わたしの食べ方を順を追って説明すると、

 

①ステーキ宮、入店。

 

②何でもいいからとりあえずオーダー。牛肉もいいけど鶏肉にもよく宮のタレは合うので今日はチキンとひとくち鉄板ステーキをオーダー。何種類かタレがありますが、何も言わないと最近は料理が来た時に宮のタレを掛けてくれます。他のタレはセルフで取りに行けますが、付け合せにはグレービーソースやガーリックトマトソースもよく合います。焼き具合は昔はベリー(ブルー)レアを頼んでいましたが最近はレアまでしかしてもらえません。

 

③スープバーがありスープもおかわり自由。最近は大体a,コーンスープ b,鶏肉と椎茸のスープ c,野菜カレースープ d,季節のスープなので鶏肉と椎茸のスープをひたすら食す。このスープも昔からあるけどかなり美味しくてステーキ宮の隠れ名物と言えるだろう。

 

④ステーキ到着、と共に事前にセルフコーナーで追い宮のタレを持ってきておいてすぐにぶっかける。宮のタレでビタビタになる鉄板。

 

⑤肉を細かくカット。ひたすらカット。付け合せはタレをかからないように避けておく。

 

⑥準備完了。あとはコレをライスの上に乗せて、ひたすら宮のタレを味わう。レアでオーダーしても、肉を食べる頃には予熱で結構焼けてます。ライスもセルフでおかわり自由なので、4~5回はおかわりする。付け合せのポテトは合間にグレービーソースやガーリックトマトソースで食すと更にライスを食べることができる。

 

以上がわたしのステーキ宮ルーティンなのですが、無茶苦茶な量を食べることが出来て値段もランチならそんなお高くはないのでさらっと行ってしまうんですよね。

この、ステーキ宮を子供の頃からこんな感じで食べているからか他のステーキ屋さんに行ってもいまいちピンとこないんですよね。ちょっとお高いコースのお店で塩とわさびで~とか、沖縄由来のA1ソースとか、美味しいけどしっくりこないのは完全に子供の頃から宮のタレを刷り込まれているからですよね。

で、地元のお友達とステーキ宮に行ってもみんなステーキを宮のタレでビタビタにしていたので特に気にしていなかったのですが、ステーキ宮を知らない地域の人からしてみたらなんでそんなタレでステーキをビタビタにするんだよ!ってなるみたいです。なんでって、子供の時からこんな感じだから…としか言えないんだよなぁ。

 

と、言うわけでステーキ宮に馴染みのない人はぜひ宮のタレをビタビタにしてステーキを食べてみて下さい、好きな人はすごいハマりますので笑

宮のタレはその辺のスーパーでも売ってるけど、通販お取り寄せで宮のタレだけ頼めるからなぁ、ほんといい時代ですな。鶏肉焼いてぶっ掛ければすぐ宮の気分ですからねぇ。

ちなみに、同じコロワイドグループでカルビ大将というすたみな太郎や焼き肉きんぐみたいな食べ放題の焼肉店があるのですが、このカルビ大将でたまに期間限定で宮のタレを出す時があるんです。宮のタレがある時のカルビ大将はもう無限に肉が食えて危険です笑

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

ステーキ宮る” に対して3件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    お腹が宮宮してきた(´Д` )

    1. およ より:

      鶏肉で宮宮すると恐ろしく食べられて怖いですよ、牛肉より満足できるし…いやもちろん普通のステーキも美味しいけど、わたしは鶏肉を食すのに最も好きなステーキソースが宮のタレだなぁと痛感しました。
      宮の良くないところはメニューに自由度がないとこですかね、鶏肉1キロとかできたらやるのになぁ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。