ソフトプロインターナショナルの不思議

最近レトロゲームネタばっかりのおよです。あの、エフシーモバイル88ネオを買ってからというものまたファミコン熱が再発しちゃっているんですよね。そんなわけで本日のネタはこちら。

 

 

サーカスチャーリー (CIRCUS CHARLIE) は、1984年にコナミから稼働されたアーケード用横スクロールアクションゲーム。ゲームの内容としては、ピエロのチャーリーを操作して複数用意されたサーカスの演目をこなしていく感じです。チャーリーの動作は左右への移動とジャンプのみですが、このゲームではジャンプのタイミングにかなりの重点が置かれており、また各演目でのチャーリーの操作に若干の「癖」があってアクションゲームとしては難しい部類に入ると思います。

しかしながらその各演目のチャーリーの癖にさえ慣れてしまえばクリアできるという、絶妙な難易度を誇っていました。シンプルだけど奥深くスルメのようにじっくり味わえるゲームだったりもします。1980年代のゲームって理不尽に理不尽を重ねて難易度を上げているゲームが結構あった中で、サーカスチャーリーは正統派な、ゲーム性が難しいゲームでした。

で、本日買ってきたのはそのサーカスチャーリーのファミコン移植版。アーケード版との違いは、トランポリンステージ・水上トランポリンがない、ステージセレクトがない(アーケード版もないバージョンがあるみたいです)、縦画面ゲームだったものが横画面になっています。

 

こういうゲームはかなりエフシーモバイル88ネオにあいますね。ぱっと遊べていい感じ笑

ステージは減っていますが移植具合はかなりいい感じでして、しかもBGMがファミコン版は誰もがどこかしらで聞いたことのあるであろうF. W. Meachamさんのアメリカン・パトロールなんですよ。なので昔からファミコン版の方が好きでしたね、近所のあおぞら市場のゲームコーナーにはこのゲームが入っていたけれども笑

ちなみにファミコン版サーカスチャーリーのステージ構成は、

1面、ライオンに乗って火の輪くぐり

2面、猿を避けながらの綱渡り

3面、玉から玉へと飛び移る玉乗り

4面、馬を操りながらジャンプ台でジャンプする曲乗り

5面、空中ブランコ

と、なっていてどの面も一癖も二癖もあるゲーム内容となっています。

わたしはこのサーカスチャーリーを持っていたと思ったのですが無くなっていたので、本日見かけたから買い直したんですよね。

 

 

久々のサーカスチャーリーは5面でクビになりました笑。空中ブランコはゲキムズなんですよね、どうやって操作していたんだっけなぁ…

そんなファミコン版サーカスチャーリー。子供の頃は気にもしていなかったのですが、大人になって改めて遊んでみて1つ気づいたことがありました。それがタイトルにあるソフトプロインターナショナルの存在。アーケードはコナミ制作だし、ファミコン版もkonamiって書いてあるから気にしていなかったのだけれども、ソフトのラベルをマジマジと見ているとソフトプロインターナショナルって書いてあるんですよね。

このファミコン版サーカスチャーリーがリリースされたのは1986年だったのですが、この頃にはコナミはすでに自社開発でファミコンソフトを作っているんですよ。けっきょく南極大冒険やイーアルカンフー、ロードファイター辺りは発売されていましたからね。それでこのソフトプロインターナショナルって何者なんだろうと思って調べてみたんですよ。そしたら、

 

 

全く情報が残っていない

会社なんです笑

 

ないないない、本当に無い…wikipediaにも無いし他に誰かしら語っている人もいないんですよね。なんてこった、わたしの好きなファミコン版サーカスチャーリーは秘密結社によって移植されていたのか笑

と、いうのは冗談で30年以上前の話だから単純に情報が残っていないだけでしょうな。ただしこのソフトプロインターナショナル名義でリリースされた情報は残っていまして、それを見てびっくりしたのですが、あの色んな意味で伝説の、

 

カラテカ

 

のファミコン版を制作(移植?)した会社なんですねソフトプロインターナショナルって笑。カラテカって元はジョーダン・メックナー (Jordan Mechner) さんと言う方が昔のアップルのパソコンで開発・販売したゲームなんですよ。

 

 

そのシュールさで色んな意味で伝説となったカラテカのプレイ映像があったので貼らせていただきました。やっぱりシュール笑

 

そんなカラテカは今だとios・Androidアプリで「Karateka Classic」として120円で販売されていますので気になる方はストアで検索してみて下さい。

で、その他にもソフトプロインターナショナルとして発売されているゲームが、

 

・FM-7、X-1シリーズというパソコン用ソフト

ロードランナー(金塊集めのアクションパズル)

チョップリフター(ヘリコプターシューティング)

スペアチェンジ(カジノがテーマだけどアクションパズルゲーム)

 

・ファミコンディスクシステム

ブリーダー(強いロボットを作るゲーム)

19と書いて「ヌイーゼン」(戦争シミュレーション)

パルサーの光(宇宙船シミュレーション)

爆闘士パットンくん(4人同時プレイができるバトルロワイヤルゲーム)

フェアリーテイル(半リアルタイムシミュレーションゲーム)

 

と、ソフトプロ「インターナショナル」だけあって洋ゲーの移植や洋ゲーっぽいゲームが多い会社さんなんですかね。そう言えばサーカスチャーリーはセンチュリー(Centuri)というアーケードゲーム機を取り扱う会社の名前がwikiに入っていたのでその関係でソフトプロにーって感じなんでしょうか。全ては憶測の域ですが…

そんなわけで本日はサーカスチャーリーと謎のソフトプロインターナショナルのお話でした。コンシューマーゲーム黎明期のお話なので有識者の方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい笑

それにしてもサーカスチャーリーは今遊んでもやっぱり面白いなぁ…

ソフトプロインターナショナルの不思議” に対して3件のコメントがあります。

  1. TOM より:

    通りすがりの者です。ソフトプロは大阪市北区西天満にありました。
    主にソフトプロインターナショナル事業部がファミコンソフトの開発でした。

    あまり話題になりませんが、開発:アポロテクニカ 販売:COLPAX(日本コロムビアのブランド)で
    MSXソフトがいくつか発売されています。また、FM-7ソフトもアポロテクニカ開発/移植のようです。
    このアポロテクニカというのがソフトプロ社内のアポロテクニカ事業部のことを指すため、
    マイコン、MSX、ファミコンソフトの開発をやっていたことになります。
    ソフトウェアのプロ、を名乗るだけありますw

    1. およ より:

      コメントありがとうございます。全く知らなかったことなのでめちゃくちゃ助かります!笑
      そもそもなんですがわたしはソフトプロインターナショナルという会社だと思っていました笑。正確にはソフトプロ株式会社のソフトプロインターナショナル事業部とアポロテクニカ事業部ってことなんですね、なるほど…
      ちなみにアポロテクニカで調べてみたら、元はAppleⅡのゲーム「ドロール」をPC88に移植したりしていますね、どちらの事業部名義なのかはわからなかったですが、そうなると当時本当にいろんなハードで開発していたって感じですね。そんなプロの人たちはいったいどこへ行ってしまったんでしょうねぇ。

      MSXのゲームはアポロテクニカ名義だとゴルフカントリーとコスモトラベラーがリリースされていますね。共にテープ版だからもう手に入れる事はできなそうです笑。COLPAXってMSX版のMr.Do!を作った会社なんですね。アポロテクニカが関わっているかはあのピエロ、まだパチスロで生きてますからね…そう考えるとなんか感慨深いものがあります笑。知らないことがたくさんわかったので嬉しかったです、ありがとうございました!

TOM へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。