出会い系サイトの色々な意味のモデル

 

先日、ヤフオクをみていたら出てきた広告…18歳未満利用禁止って書いてあるって事はいわゆる出会い系サイトの広告なんでしょうけど、なかなかこう、「このハゲー!」と秘書を罵倒してお辞めになった某議員さんのような、個性的なモデルさんですね。一瞬ギョッとしたけど、これもまた出会い系サイトの作戦なのでしょう。

一般的に出会い系サイトといえば若い子を使ったバナー広告をよく見かけますけど、あれって実は年寄りにはあまり受けないんですよね。若い子だと自分と年齢的にも価値観も離れすぎているからか引いてしまうとか。

少し話は違いますが最近縮小しつつあるコンビニのエロ本コーナーも若い子がババーン!って出ているよりかは少し落ち着いた感じの、いわゆる熟女ものが多いのはコンビニでエロ本を買うメイン層がお年寄りなんだからだそうです。

まぁ、冷静に考えればこれだけネットが普及した時代ですからわざわざコンビニでエロ本を買わなくてもネットにいくらでも画像が落ちていますしなんだったらネット通販で誰にも見られず購入することもできますからそりゃ若い人はコンビニで買わないだろうなー…

ってことでこの個性的なご婦人がバナーの出会い系サイトは高齢者層をターゲットとしたサイトなんでしょうね。ちなみにヤフオクを会員登録して使っているので、おそらくわたしの年齢(40歳)でもいけるやろって選ばれて表示されたんでしょうが残念、初恋がきんぎょ注意報のわぴこなわたしの好みでは無いですな笑

まぁ高齢者の方がこういう出会い系サイトを使ってくれるからそこの年齢層に合わせた広告なんだろうなぁ。てか、若い人は出会い系じゃなくてマッチングアプリ(婚活アプリ)を使うでしょうしね今の時代は。そっちのが体がいいでしょうから。

 

 

さて、ここからが本題なのですが、このYahooを見ていると表示されるバナー広告って載せるのに一体いくらくらいかかるかご存知でしょうか?世界的に有名なYahooのバナー広告だからとんでもなく高額になると普通は思いますよね。ですが実はYahoo広告って、

 

広告料が自分で選べる

 

システムなんですよ。こういうYahooでバナー表示されるタイプの広告をディスプレイ広告(運用型)と言い、広告料金は広告主が自由に設定できて成果が出た分だけ広告料が発生するシステムなのです。

具体的に言うと広告主の1ヶ月の予算と、1日に何クリック…Yahooから広告主のサイトに何人とんで欲しいのかによるのです。Yahoo広告のモデルケースを元に簡単に説明しますと、

 

・広告主の1ヶ月の予算=60000円

・1日の希望クリック数=20人

 

このモデルケースの場合、

 

 

1日あたりの予算が60000円÷30日=2000円

2000円÷20人=100円

 

って事でバナー広告1クリックあたりの広告単価は100円となります。1クリック100円払えば広告が掲載されるわけではなく、この広告単価「100円」でYahooの広告入札を行います。広告入札は1クリックあたり1円から80000円(年々上限解放されていますな)まで設定でき、当然高額の広告主のバナーから優先して表示されていきますので入札価格が低いと当然極端に表示される機会が少なくなるんです。

つまり、広告価格が自由に設定はできますが安いと表示されないことになるので、当然結構な資金をかける必要があるわけです。入札価格の低い広告主は入札価格の高い広告主の規定クリック数に到達するのを待たなければ広告が表示されません。

 

この広告入札価格は企業の戦略となるので、ネットではいくらで効率の良い広告入札ができますみたいな金額表示はデカデカと表示されてはいませんが、サラッとYahooでバナーが出てくるって事は決して安い金額ではないでしょう。

って事でこの個性的な出会い系サイトもそれなりに広告費をかけているんでしょう。ここまで考えれば出会い系サイトもかなり精密に経営ビジョンの練られた商売であるとわかるはずです。

 

そんな出会い系サイト、せっかくなのでこのバナーのとこの評判を調べてみたら、最初は無料だけど登録すると近所に住む34歳のかすみという保母さんからメッセージが届いて写真を見るために引き伸ばし工作をされてサイト課金を促されるそうです。それでサクラだなんだと結構辛辣なことが書かれていましたが、

 

そんなの当たり前じゃん

 

高い宣伝広告費を払って、高いお金をかけてWebサイトを作って、高いお金で人を雇ったり使ったりしているんですから、そりゃサクラでもなんでも使って利益を上げなければ元も取れないし下手すりゃ会社が潰れますからね。世の中そんな都合のいい事はないわけですよ、昔から「ただより高いものはない」って言われているくらいですから笑

 

短絡的な行動を行って「詐欺だ!」なんて騒ぐよりまずは仕組みを考えなければいつまで経っても成長できないでしょうから。まぁこのサイトをみている人で利用する人はいないでしょうけど、なんでもですがきちんとしたサービスを受けたいならそれなりに資金を使わなければただただ散財して終わってしまうというのはよくある事ですよ。

 

そんなわけで、出会い系サイトに限らずですがサイト広告の仕組みとモデルのお話でした。Yahooに限らずネット広告は大体こんな感じの料金体系なのは意外と知られていないですよねぇ。

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。