やられ名簿にご用心

先日、うちのポストにこんなものが投函されていた。

 

大森様

いつもお世話に成ります。

お宅の屋外アンテナがサビが入っています。

風で折れる様ですので今の内に新しいアンテナをお進め致します。

依頼は当店へ

部材と工事費で¥33,000税込です

(店名と電話番号)

…文章を売っている身として何だかモヤっとくる文面はさておき、うちのアンテナが錆びてて風で折れそうということを親切に教えてくれたようだ。店名を見ると近所にある所謂「町の電気屋さん」なんだけど、お世話になったことあったかなぁ…わたしが住む前はジジババで住んでいた家なのでその頃は付き合いがあったのかもしれないけどわたしが住むようになってからはとんとご無沙汰なお店である。

 

そんなお店がわざわざメモ紙…というかカレンダーを切り刻んだエコ仕様の用紙で書き置きして教えてくれているのだ。こりゃ本当にやばいんだろうと思って外からアンテナを見ても角度が悪いからかその様子があんまり見えない。あんまりというか、アンテナが立ってるなーってくらいしか見えない。電気屋さんは双眼鏡でも使ってみたのかなぁ…うちには双眼鏡がないので、意を決して屋根に登ってみた。

 

 

なんか、ちょっぴり傾いてた。

 

それだけである。下から見てもわからないくらいのちょっとした傾きがアンテナにあった。去年の台風がひどかったからその時にでも傾いたのだろうか…アンテナに接近してまじまじと確認すると、アンテナを接合するための部品にちょっとサビはあったけど、アンテナ自体サビてはいない。鳥のフンはかかっていたけど…うーん。アンテナの足元の部分が屋根と同じ色で塗られていたから、それが錆びているように見えたのかなぁ…それで傾いていたから錆びで折れそうに見えたのかしら?

 

って事で傾きを直すために針金を持ってきてアンテナを固定する。元から張ってあった針金は若干緩んでいた感があったけど、そんなメモ紙入れるほどかなぁ…テレビも普通に写っていたし…

 

針金でアンテナの固定完了。ってかむしろ写真を見ればわかるんだけど、うちはアンテナより屋根の塗装がやばいわ笑。なかなか家の屋根を見る機会がないのでこんな塗装がぼろぼろになっているのを確認できたのは良かったと思う。屋根塗るにももっと暖かい時期じゃないとだめだよなぁ確か…

それにしても町の電気屋さんはどうしてうちのアンテナがサビてて折れそうって言っていたのだろうか…遠目にみて塗った部分が茶色く見えて傾いていたからかなぁ。わたしがよく確認しないでこりゃやばい!すぐ交換しないと!ってなってお願いしたら、電気屋さんは屋根に上がってどんな顔をしていたのだろうか。そのままあーやっぱりだめですねこのアンテナとか言いながら交換していたんでしょうかね。

ただ、この町の電気屋さんが提示している金額は、ネットで地デジアンテナ価格と交換費用を調べ照らし合わせたらそんな高くない(決して安くはないけど)金額だったので悪質な訪問販売とかそういう類ではなく、本当にサビて折れそうに見えたんでしょうな。後からアホみたいに金額が載せられる事もあるかもだけど…まぁ、今回は事前にアンテナの無事に気づいたし悪意も特に無さそうなので問題はないんですけど、世の中には悪徳な訪問販売業者って山のようにありますからね。

 

そんな悪徳業者がよく営業のツールとして使っているのが当記事のタイトルにある、誰が言い出したのかわからない「やられ名簿」なんです。やられ名簿とは高額なリフォーム、床下の換気扇、高級な布団、やたら高い浄水器等々、一般的に悪徳訪問販売と呼ばれるサービスを受けてしまった人の名簿のことを言います。どこか一箇所でも悪質なサービスに引っかかるとまるでブラックリストに載ってしまうかの様にいろんな業者に営業されます。業者どころか詐欺のターゲットにもなってしまうのです。

 

と、言うのも訪問販売の話を聞く人って基本的に「人がいい」んですよね。いい人もいますが、それではなくて人がいい。この業者さん、お話聞いてあげないと可哀想とか、業者さんに嫌な思いをさせたくないとか、とにかく余計なことを考えちゃって家に入れてしまい、後は断ると悪いからとか可哀想だからなんて理由で商品を買っちゃったりサービスを受けてしまうんですよね。押しに弱いので泣き落とし…例えば「今月ノルマが未達で帰ったらボコボコにされるんです」なんて言葉を鵜呑みにしちゃうんですよね。実際その業者がボコボコにされても知ったこっちゃないんですけど。

 

そんな人がいい人がガッツリ載ったやられ名簿は悪徳業者からしたら金の卵を生むニワトリみたいなもんですから、悪徳業者みんなで大事に育てますよね。そういう名簿がたとえ無くても、例えば築年数の経った住宅に太陽光パネルが取り付いていたら悪徳業者はターゲットの目安にするみたいです。太陽光パネルの訪問販売で買っている可能性がありますから。そのくらい美味しそうな餌にはみんなで群がるのが悪徳業者です。

 

それでこのやられ名簿、やっぱりお年寄りが載っていることが多いみたいなんですけど厄介なのが一度載ってしまうと消すことが出来ないんですよね。そもそもどこの誰がこのやられ名簿を管理しているのかもわかりませんしね。名簿を売っている業者はネットで「訪問販売+名簿」なんて調べればすぐ出てきますが、結構えげつないんですよ。どの悪徳サービスを受けたか、どの悪徳商品を購入したか、不動産売買履歴とか、アダルティなグッズを買ったことがあるか、高額所得者や富裕層かみたいな名簿が普通に売ってる。恐ろしい話ですね…辞める人も多いけど高額なギャランティに釣られてそういう悪徳な業者に勤める人はいますからね。いつまでもこのやられ名簿がなくなることはないでしょう。

 

では、対策はどうするのかというとそりゃ一番はやられ名簿に載らない事を心がけるですよね。そもそも論になるんですけど、個人宅への訪問販売って基本的に街中にいる客引きと同じなんですよ。お店が混んでいる時間や、繁盛しているお店が客引きをしますかって話で、そんな事をしたらお客さんがさばききれなくて大変なことになっちゃいますよね。

訪問販売で個人宅へ売っているものは基本的に需要のない、混んでいない時間のお店、繁盛していないお店みたいなものを扱っているわけです。普通に考えたら全然売れないけど、売れれば業者にでかい見返りがある。それが悪徳業者の取り扱う物なわけです。法人への訪問販売はまた違うのでこの限りにあらずですが…

 

なので、まず訪問販売の営業を受けたらまずはネットで調べる事が第一ですね。業者名を検索に打ちこんだだけで予測に詐欺とか悪徳とかそんな物騒なワードが出てきたりします。火のないところに煙は立ちませんから。悪意のない訪問販売も、例えば近所にお店をオープンさせたので来て下さいね、みたいな普通の宣伝・案内の場合もあるので調べるのは大事ですな。

 

でもお年寄りの場合わざわざネットで調べるのはほとんどないでしょうから、そうなると常に周りの人とコミュニケーションを取っていることが大事ですね。非同居の家族であってもそういう訪問がきたら教えるとか、近所の人達でも訪問販売の情報を共有する事は効果があります。

 

それでも悪徳業者にひっかかってしまった場合は、クーリングオフが適用できるかどうかの確認を真っ先に行います。クーリングオフとは契約締結から○日間以内なら契約自体を無かったことにできて、クーリングオフは大体8日間の設定がされています。大手ならカスタマーサービスに電話すれば大丈夫ですが、身元のよくわからない業者の場合、例えば契約書に書かれた住所がうその業者だった場合はその契約書自体無効にできるので契約書を作り直さなければなりません。

なのでクーリングオフの期間自体はカウントされないのですが、そんな嘘つきの悪徳業者がまともに話し合いの場に付くとは思えないので逆に返金は厳しいですね。国民生活センター(消費生活センター)に相談、あまりにも高額な取引の場合は弁護士さんにすぐ相談するべきですね。後はクーリングオフの説明を受けていなかった場合(クーリングオフの法定書面交付がない場合)もいつでもクーリングオフが出来ます。

 

すべてが後の祭りで気づいたときにはだいぶ時間が経ってしまった場合、絶対ではありませんが残念ながらやられ名簿に載ってしまいます。そうするともう引っ越すのが手っ取り早いのですが、持ち家ではなかなかそうもいきませんよね。今後も名簿を見て訪れ続ける悪徳業者を追い払うため、一人暮らしのお年寄りなら誰かが同居するのが一番ですが、それが難しい場合はやっぱりカメラ付きインターフォンを取り付けて知らない人が来ても玄関を開けないのが一番です。対応しなければいずれこなくなりますから

 

よくセールスお断りのシールを貼っているお宅を見かけますが、それは実は逆効果なんですよね。「断りづらいからこないで」って言ってるのと変わりませんし、一度引っかかっているお宅だったりしますからね。そもそも切羽詰まった悪徳業者だったらそんなシール見てもかまわずにインターホン押しますので

 

悪い人はやっぱり人につけ込んで来るもんなので、そういう隙を見せないようにするのが一番大事です。というわけで悪徳な外壁塗装業者にうちの屋根を見られる前になんとかしなきゃいけないなーと思ったおよでした笑。まぁ、わたしは別にそういう人が来ても普通に追い返しますし、あっちもこんなおっさんを相手にはしないでしょうけど笑

 

 

 

日本ブログ村のランキングに登録しています。
記事が良かったら下記のバナーを押して頂けるとありがたいです。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

日本ブログ村のサイトにて読者登録をすることが出来ます。登録すると記事更新の際にメールでお知らせが届きます。是非ご活用下さい。

やられ名簿にご用心” に対して3件のコメントがあります。

  1. ゆーめん より:

    屋根に登れたのは本当にいい経験ですな!アンテナとかいじるの怖くてできないから私ならすぐ頼んだかも笑笑 ところで作業サイトにひっかかって待てど暮らせど届かない商品代金を先に振り込んでしまった私はやられ名簿に載ってますかねw

    1. およ より:

      登ってみてわかったのがうちの屋根ってそんなに傾斜キツくないんですよ。ってことはグラインダーで悪くなった塗装を削ればローラーで自力塗装できるのでは…って思ったけど不器用なわたしのことだからきっと屋根に穴が空くのでやめておきます笑

      作業サイトが何者か知らんのですが変なメールやら勧誘電話がなければとりあえずは大丈夫じゃないですかね。ってなんでそんなのに引っかかってるの笑

ゆーめん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。